宇城道塾では

人間の潜在能力を引き出す実践指導を社会人一般を対象として 東京・大阪・仙台・熊本・岡山で定期的に行っています。 また、親子で楽しく学べる親子塾や、特別企画として高校野球塾、スポーツ塾、企業や一般を対象とした講演も行なっています。 【 2017年受講申込受付中 】

>>>当ブログについてはこちらへ


宇城憲治塾長による京都実践講演会が開催されました

 
去る1月15日(日)、京都商工会議所講堂にて、宇城憲治塾長による京都実践講演会が開催されました。

20170115-01.jpg



本イベントは、例年の奈良での学校講習会と、京都での実践講演会を合体させる形で行なわれたもので、当日は、中学・高校生180名、多くの教員を含む大人80名をあわせた260名が参加、生徒、指導者が同じ学ぶ立場になって取り組んだ3時間は、これまでにない新鮮な雰囲気を醸し出していました。

講演会の冒頭では、宇城塾長が展開する「気」の理解の入り口として、宇城道塾教材である『気とは何か』が放映されました。
つづく第一部、休憩をはさんだ第二部では、実技を中心とした実践が展開され、多くの生徒、教員が舞台にあがって、身体が部分体である時と、気が流れて身体が統一体である時との身体のあり方の差を、さまざまな検証を通して体験していきました。

参加者から驚きの感想がもっとも多かったのは、姿勢のあり方による身体の強さの違いでした。
姿勢を正すか正さないかで、自身の身体の強さはもとより、周りに与える印象も大きく変わってくることが紹介され、直後には多くの人から

 「姿勢ひとつでこうも変わるかと感動した」
 「自分ではとうてい気づかないことに気づかせてもらえた」
 「講演を聞いていて、自然と姿勢が正された」
 「自分の姿勢が子供たちにそのまま伝わっているのだと気づかされた」
 「自分の考え方を根本的に変えなければならないと感じた」


などの感想が寄せられました。

姿勢ひとつで、身体から出る目に見える形のエネルギーのみでなく、目に見えない心のあり方でも、それが差になって、周りに醸し出されていくことが、舞台にあがった実践者の様子で自然と理解されていく。

言葉や理屈が必要ないこの講演会は、教職や、指導にあたる多くの人たちの刺激や指針となり、また多くの生徒たちにとっては、自らの日常のあり方を今一度見直すきっかけとなっているようでした。

以下に当日の様子と、参加者の感想文を紹介いたします。



姿勢が崩れた礼では・・・・
20170115-02.jpg

一列を動かすことができない
20170115-03.jpg

姿勢を正し、きちんと礼をすると・・・・
20170115-04.jpg

一列を軽々と動かすことができる
20170115-05.jpg

 
 
舞台には代わる代わる参加者が上がり、所作や心での身体の変化を体験していった。

20170115-06.jpg
互いにハグする気持ちで組むと、横から押されても崩れない

20170115-07.jpg
身体にもともと備わる「守る力」を体験



<参加者の感想>

今回初めて参加させていただきました。実際に舞台上で体験させていただく機会もいただき、驚くことが多々ありました。日常生活や指導にどのように生かしていくべきか、全てを理解できたわけではありませんが、新たな視点をいただいたように思います。
今日は教えていただいたことを少しでも理解を深めるように、また、その上で指導できるように努力したいと思います。
(奈良 教員 29歳 男性 HI)

宇城先生の講演を聞く度に自分の普段の生活について考えさせられます。「人間の力、人間の可能性を良い方向へ導くこと、悪い方向へ導くことのどちらも人であること」を自覚し、自分が生徒の子供の鏡となり実践していきたいと思います。本日の講演で得た体験、学んだことを踏まえ、日々、自分に何ができるのか、どう指導するのか、見極めていきたいと考えています。
(奈良 教員 28歳 男性 TH)

「姿勢」や「感謝」など、今まで表面的にしかしていなかった自分に気づくことができ、反省しました。
これからは心の底からの「感謝」と所作を意識して、いつか無意識にできるようにし、周りにも影響できるような人になりたいと思います。
(京都 事務職 29歳 女性 HY)

姿勢ひとつでこうも変わるものか、と感動しました。
実際にやって見せていただくことで、さらにそれを何度もくり返したり、人が違ってもできることを見せていただくことで、自分の中にすとんと落ちてくる感覚を覚えました。
きちんと理解できたのかはわかりませんが、知っているのとそうでないのとでは自分の気持ちが異なります。正しいことを知ることができた今は、なんだか晴れやかな、すがすがしい気持ちが自分の中に広がっています。
明日から頑張っていきたい、そう思えるような時間でした。
(奈良 教員 28歳 女性 SS)

積の法則の捉え方や、日頃からの姿勢の重要性など深く考えることができました。毎日の生活を丁寧に過ごし、謙虚で礼儀正しい自分でありたいと改めて思うことができました。
(京都 会社員 27歳 男性 HA)

前回一度、大阪で講演を聞かせてもらいましたが、今回は学生の方が多かったからか、「人が生まれるまで」といった話や「筋肉 → 神経 → 細胞 気は細胞に働きかける」といった話は、とても根本的な部分から説明いただき、わかりやすく、納得できるようなしっくり受け入れられた感じがしました。
学生たちのスポーツとかだけでなく、社会人の仕事のやり方や、たとえば営業の交渉、自分の部の育成といった場面でも、その時々の自分の気により、結果が変わっているなというような思い返しができ、また今回の話で、生き方、働き方を正してみようと思えました。ありがとうございました。
(大阪 会社員 35歳 女性 MY)

本日の講演会で「姿勢」という言葉がとても印象に残っています。舞台に出て実践を行なう人の「姿勢」が最初と最後では全く別人のように思いました。日常生活の中の重要性を改めて感じました。
「姿勢」には様々な意味が含まれていると思う。その本人を見ての「姿勢」や何かに取り組む「姿勢」など様々あります。全てがそろって統一体になると思うので、これからの生活に活かして取り組んでいきたいと思います。
(京都 学生 19歳 男性 OS)

自分が知らなかったことが知れてよかったです。壊れたものはもう戻らないので、壊れていない部分をこれから大切にしていきたいです。
(奈良 学生 16歳 男性 YK)

改めて、姿勢の大切さや何事も意識しなくても行動できるように普段から自分から動いていくことの大事さが分かりました。
食事をとる時の姿勢を見直そうと思いました。
(奈良 学生 17歳 男性 NY)

初めて参加させていただき、学ばせていただく事ばかりでした。
自分の生活がどうすればよくなるか、どんな事で改善されていくのか等々、初めての事ばかりでしたが、宇城先生の言葉一つひとつに納得と感動がありました。
(奈良 学生 16歳 女性 AU)

学校でも部活でも今回教えてもらえたことが役に立つと思います。
姿勢や行儀を正しく行なうことで体の弱体化を止め、逆に体を強くすることを、まだこの歳で聞けて良かったです。姿勢が良い悪いは親の指導に問題があるという話で、僕は姿勢がどんな時でも良いとよく言われるので、今回の事を聞いて、親に対して感謝の気持ちを持つことができました。ありがとうございます。今回、教えてもらったことを大事にしていきます。
(大阪 学生 16歳 男性 SK)


2017年 宇城道塾 のお申込みはこちらまで
【 宇城道塾入塾案内 】
 お申込み → 2017年度 宇城道塾申し込み にはいっていただき、
「お申し込み」のタブをクリックしてください。

 
宇城道塾 道塾事務局ブログ

2017年 宇城道塾がスタートしました

新年あけましておめでとうございます。
1月10日(火)、大阪道塾(奇数月・Aクラス)で、本年最初の道塾が開催されました。

一年最初の道塾は、これから迎える厳しい時代にむけて、宇城塾長が、どれだけ日々の勉強を怠らず、前に進まれているかにあらためて驚かされる内容でした。

事務局も、塾生の皆さまとともに一人革命を推進いたしてまいります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


20170112-01.jpg



20170112-02.jpg



 塾生の方々からさっそく感想をいただきましたので、いくつかご紹介いたします。


 昨日は、いつもながら貴重なご指導を賜り誠にありがとうございます。一瞬一瞬を勝負されているお姿はいつも感じていますが、その中でも特に今年にかける先生の気迫を感じる回でもありました。

 まず、前のプロジェクターに映し出される資料の数々。「1週間に5冊は読まなければ、先は読めない。」先生の学ぶスピードとその姿勢。これが「師」の姿勢なんだと・・・。『師と出会い、自分に出会う。』常に先を走って下さるからこそ、今の自分を知ることができ、課題がみえてくるから未来に向かうエネルギーがわいてくる。本当に感謝の言葉しかうかんできません。

 エントロピー増大の法則についてのお話しをしていただいた中で、秩序が無秩序にむかっていくことについての説明がすごく自分の中で納得させていただきました。この話は先生の著書である『ゼロと無限』にも記載されており、コーヒーの温度を保つにはエネルギーがいる。それと同様のことなのか。とハッとさせられました。このことを実際に身体を通してご指導いただきました。

 私の後ろに5人ほど腰をしっかりつかみ、動くはずもないのにいとも簡単に動かし、完全に調和した私の身体は先生についていくのですが、手が先生から離れた後も右に左に動いている状況はおさまらず、私たちは全くコントロールが効かない状態になっていました。本来これをコントロールできるのが真のリーダーであり、日本には先生のような存在が全くいないことが以前からわかっていたことですが、浮彫になってきました。また、「組織」においてもカネや圧力に屈してしまう日本の弱さが出ている今だからこそ「個」=『一人革命』が必要だとより確信しました。

これからは2か月に1回のペースになり、より「自分」が求められ、先生に甘えていた「自分」と決別しなくてはいけませんし、決別します。今後ともご指導よろしくお願いします。
(TN 34歳 中学校教諭)


 冒頭、宇城先生は、膨大な資料の中から、「ひとり革命」と共通する部分を引用され、お話しされました。50年前もの文献にも、宇城先生と同じように状況を危機として捉えていたと聞いて、とても驚きました。

 また宇城先生は、秩序は無秩序に進んでいく「エントロピーの法則」について話をされました。コップをバラバラにガラス片にしたとして、コップは自然に元の形には戻らないし、さらに元の形ですらわからなくなる。さらに熱いコーヒーは、いずれ室温に戻っても、熱々のコーヒーに戻ることはない。そんな自然の摂理のことを知っているのにもかかわらず、行動できていない自分がいることを認識しました。

 2人組で、1+1の答えを間違った場合と正しい場合で、背中に乗っていただいた時には明らかに正しい場合で強く体に芯があるように思えました。コシのあるスポンジのような感覚は、何度経験しても日増しにコシが強くなるようにも思えます。また腕立てや腹筋についても同じで鍛えようとすればするほどに、弱くなる自分と出会いました。

 後半、呼吸の方法を教えていただきました。前へ、みんなに、天に、大地へ。という言葉がより呼吸をしやすく、全身に力がみなぎるように感じました。日々実践したいと思います。

 「他尊自信」 とても大事にしたい言葉です。自分を信じて、ぶれない。ぶれないことで、またさらに自分を信じることができる。そのように解釈しました。そして、その上に、他人を思いやる、他人を尊ぶことができるように思います。次回の道塾まで、呼吸、他尊自信を実践したいと思います。ありがとうございました。
(JM 36歳 高校教諭)



2017年 宇城道塾 のお申込みはこちらまで
【 宇城道塾入塾案内 】
 お申込み → 2017年度 宇城道塾申し込み にはいっていただき、
「お申し込み」のタブをクリックしてください。


宇城道塾 道塾事務局ブログ

宇城道塾大阪体験型講習会が開催されました



20161227-01.jpg


去る12月18(日)、大阪産業創造館にて、宇城憲治塾長による宇城道塾 大阪体験講習会が開催されました。


今年2回目となる大阪体験講習会には、80名の参加者があり、その多くが今回初めての参加でした。
当日は、道塾で展開される具体的な講義・実践の一端を、3時間たっぷり時間をかけて体験していただきました。

参加者からは、

「知らない世界があることを知って感動した」
「リーダーの役割がいかに大切であるかを知った」
「言葉であらわせない感覚を体感した」
「身体のあり方や心の作用が重要であることを、実際体験できる貴重な体験だった」

など、「体験」が多くの気づきにつながっていることがうかがえました。
まさに道塾は、身体で気づき、学んでいくセミナーです。

以下に、参加者の感想と当日の様子をお伝えします。



20161103-03_20161227145400a81.jpg
大人の一列を軽々と押し崩す子ども(小学6年生)



塾長に気を通されることで、身体の変化を体験
がっちりと羽交い絞めされたのをはずす実践検証
20161103-04_201612271454015b8.jpg

20161103-05_20161227145403436.jpg



◆参加者の感想

(兵庫 パート 52歳 女性 KY)
今回実際体験をするたび感動の連続でした。
男女の強さ(チカラ)に違いはありますが、人間の持っている力は皆にあることを実感しました。
自分自身、若いころから平和主義で謙虚なほうだと思っていましたが、
50歳を過ぎた今、その気持ちがうすれていき、我を出し、調和を忘れたと気づきました。
これから先の人生を見直すきっかけになりました。
毎日が修行だと思い、自分向上に努めていきたいと思います。
また一人革命につなげていきたいと思います。
今日は本当にありがとうございました。貴重な時間でした。

(京都 販売 50歳 女性 YI)
最初は実技をしていても意味がよくわからなかったのですが、後半で先生が相手を受け入れると気が入って動くという辺りから、やっと少し分かってきました。
相手を受け入れる、気が入ると重くなってどこまでも伝染する、力をみたす、というのがすごいこと思いました。
貴重な体験を、ありがとうございました。

(京都 会社員 64歳 男性 EK)
この体験で考え方を変えます。知らない世界があることがわかりました。
職場で意識して試してみたいと思います。

(京都 大学生 24歳 男性 Y)
腕をつかまれたまま、前にハイハイして進むことを体験させてもらって、リーダーがいかに大事なものか知った。誰が立つかで結果が変わることを見て、自分も周囲の人を支えていけるような人になりたいと思った。




2017年 宇城道塾 のお申込みはこちらまで
【 宇城道塾入塾案内 】
 お申込み → 2017年度 宇城道塾申し込み にはいっていただき、
「お申し込み」のタブをクリックしてください。


宇城道塾 道塾事務局ブログ

2016年宇城道塾 すべの講義・実践が終了いたしました

2016年12月14日の、東京中上級Bクラスをもちまして、本年の宇城道塾のすべての講義・実践が終了いたしました。

今年一年、塾生の皆様、大変お疲れ様でした。
また、いつも事務局にご協力くださり、ありがとうございました。

来期は、2017年1月10日(火)の大阪Aクラスからスタートいたします。

来年も3月と9月に合同合宿が開催されます。

最終回では皆様のたくさんの笑顔に元気をいただきました。
ありがとうございました。

来年は、名古屋道塾がスタートいたします。
また新たな仲間とともに、引き続きよろしくお願い申し上げます。

                                 道塾事務局


2017年の受講申し込みを受け付けています。
【 宇城道塾入塾案内 】
 お申込み → 2017年度 宇城道塾申し込み にはいっていただき、
「お申し込み」のタブをクリックしてください。


20161226-01.jpg
仙台道塾

20161226-02.jpg
熊本道塾

20161226-03.jpg
岡山道塾

20161226-04.jpg
東京道塾(中上級)

20161226-05.jpg
大阪道塾(中上級)


宇城道塾 道塾事務局ブログ

宇城道塾 東京体験講習会が開催されました

 
去る12月4日(日)、町田市文化交流センターにて、宇城憲治塾長による宇城道塾 東京体験講習会が開催されました。

当日は、定員をはるかに超える113名の参加者があり、宇城道塾での講義、実践の一端を体験していただきました。

講義前には、道塾で展開する気の基本的なあり方について理解を深めてもらうために、道塾教材DVDである『気とは何か』が約20分ほど放映されました。

実践主体に進められた講義では、後ろから羽交い絞めにされたのを、気を通されると簡単に外すことができたり、四つん這いになった人が10数名に手足身体を抑え込まれても、気を通されるとそのまま前に進むことができたり、がっちり組んだスクラムを、赤ちゃんを抱いたお母さんが簡単に押すことができたりなど、通常では、あり得ないようなことが、実際に「できている」を見たり、体験したりしていきました。

宇城道塾での講義、実践では常に、このように常識では考えられないようなことを体験するなかで、筋力とは異なる力を知ったり、体重計で計れる重さとは異なる人間の本質的な重さを体験したりします。そうした体験を繰り返すなかで、自分のなかに当たり前のようにあった常識を少しずつ見直していき、自分に眠る本来の力の存在に気づくきっかけをつかんでいきます。

寄せられた感想からは、この体験講習会が参加者にとってそうした方向に向かうきっかけとなっていることを感じることができました。

以下、当日の様子を写真と感想文でご紹介いたします。


20161204-01.jpg
113名が参加。会場は熱気に包まれた



20161204-02.jpg
思い切り羽交い絞めされるが、気を通されると・・・・

20161204-03.jpg
簡単にはずすことができる



20161204-04.jpg
四つん這いになった状態で十数名に押さえ込まれ、びくともできないが・・・・

20161204-05.jpg
気を通されたとたんに、前身することができる



十数名の列を、赤ちゃんを抱いたお母さんが軽々と動かす
20161204-06.jpg

20161204-07.jpg



十数名の列を動かすことのできなかった男性が、赤ちゃんを抱いたお母さんに
触れられたとたんに、列を動かせるようになる
20161204-08.jpg



◆参加者の感想

(東京 保険業 32歳 男性 YM)
今まで体験したことないことを体験でき感動しました。
自分も気の潜在意識をどのように引き出せるか今後も取り組んでいきたと思います。
気の大事さに気づくことができたことはこれからの人生において必ずプラスになると感じました。

(神奈川 保険 33歳 男性 K)
目の前で起こる事を「何で」「どうして」と、驚きの連続でした。
体験する事で頭で理解するのではなく、体で感じる変化に感動しました。

(東京 会社員 33歳 HI)
・会場の空気が変わる様がとても印象的でした。
・人が本来持っている能力を引き出すためには、自分が思っている事、または価値観を超えるところまで学ばないとたどりつけないと思いました。

(茨城 介護士 31歳 女性 KH)
今の日本に必要なことや、その為に私が何をしたいか、してきたか。
色々考えさせて頂けた時間になりました。
自分がどう在るか、子どもたちに何を伝えていかなければいけないか。
今回のように体感を通し、さらに学んで生きたいと思います。
本日はありがとうございました。

(東京 パート 45歳 女性 45歳 女性 OH)
宇城先生のお話を聞き、体験し、自分がどれだけせまい世界で生きているのかを実感しました。
時を大切に、今自分が生かされていることを感謝して日々生きていけたらと思います。
参加させて頂きありがとうございます。

(東京 主婦 42歳 女性 NY)
本日は貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
現在子育て中ですが、子供を育てることの大切さ、子供が持っているものをこわさないように、子供の手本となるよう、親としての生き方を正していかなくてはと感じました。
これからではなく、今からすぐ改めていきたいと思います。ありがとうございました。

(千葉 教員 25歳 女性 MT)
素晴らしかったです。
「気」とは何か、ハドウケンのようなパワーかと想像していましたが、「愛」だということが分かりました。子供や妊婦さんを通して何度も何度も実演・説明してくれたおかげで気づくことができました。せっかく女性として生まれたので、いつでも妊婦さんのような優しい、力強い、かつ無力化させてしまう女性になります。




2017年の受講申し込みを受け付けています。
【 宇城道塾入塾案内 】
 お申込み → 2017年度 宇城道塾申し込み にはいっていただき、「お申し込み」のタブをクリックしてください。


宇城道塾 道塾事務局ブログ