FC2ブログ

「教師塾 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

岡山 教師塾が開催されました


去る2014年11月24日、岡山南ふれあいセンター ふれあいホールにて、宇城塾長による教師塾が開催されました。当日は、小学校、中学校、高校の教師、約40名が参加、3時間以上にわたる塾長の講義、実践が繰り広げられました。

講義の冒頭では、独学でダンスを学んだという11才の女の子のダンスや、同じく独学で絵を描いている子の4歳からの18歳にいたるまでの作品が紹介されました。どれも、天才と言えるほどの素晴らしさなのですが、それが、「人に教えられて」という結果ではなく、その子が「本来もっているものが引き出された」という形での結果に、そもそも、「教えるとは何か、学ぶとは何か」ということを根本的に問い直すスタートとなりました。


blog_112501.jpg

blog_112505.jpg

1対5人の腕相撲に一瞬にして勝ってみせる塾長


飛鳥時代から現代に至るまでの日本の歴史をテーマにした講義では、単なる歴史の流れを時系列に話していくということではなく、それぞれの時代に生きた人の生き様やものの見方、考え方、覚悟、そこに存在していたエネルギーを、今に生き生きと再現させ、浮き彫りにさせるなかで進められていきました。

それはまさに、子供に何を伝えるのか、何を伝えるべきなのか、教科科目の暗記や受験のための授業ではなく、何をテーマにしたとしても、そこにある教師の大きな捉え方、生き方、生き様が大事であるということが、迫力をもって伝わってくるものでした。

今、学級崩壊、学校崩壊、切れる子供、昔ではあり得ない子供による凶悪事件がなど、多くの教師がその現状に苦しみまた不安にさらされています。
しかし、その原因を子供たちにあるとすることは、あまに無責任すぎます。
子供たちにとって社会、大人の影響は絶大なものであるからです。



blog_112504.jpg

気を通され、一瞬にして両腕が強くなる
人を乗せたまま、移動することもできる



教師塾では、そんな多難な時代に子供と向き合う教職にある方々に、まずは、教師自身が、子供がもつ素晴らしい能力を改めて知ることとと同時に、謙虚に自ら学ぶ姿勢こそが大事であること、そして現在常識とされていることが、本当に正しいかどうかを見極める目をもつこと、さらには子供だけでなく、自分の中にもまだまだ隠された潜在能力があるという真実を知るなど、たくさんのメッセージが送られていました。



blog_112503.jpg

座り方で、集中力や感覚がどう変わるか
正座がもつ迫力を体験



3時間という時間では限りはありますが、この教師塾が、これまでとは違った形で、子供と向き合い、自分自身と向き合うきっかけとなることでしょう。


blog_112502.jpg

空手の型の応用で、身体がいかに強くなるものかを体験
日常にある伝統の型の奥深さを学ぶ



参加者の感想を紹介します。


 受講を通してまず感じたことは、子ども達の前に立っている大人として、宇城先生の教師塾に参加できたことは、この上ない支えであり、励みであり、幸せであるということです。

先生の「あなたたちから肩書き、資格、知名度などを全て取り除いたときに何があるのか」とのお言葉に、すぐ何もない(=実力がない)と思いました。仕事のつもりが、それはただの作業となっており、先生のような社会に調和や幸せをもたらす本当の生産性が私には全くなかったのだと気付かせていただきました。

部分体と統一体の違い、心を根源とした気のエネルギーの存在とそれを目に見える形にした実践・検証の数々。そこには真実があり、全てを変えてくれる大きなエネルギーと神秘が内在していました。

何も知らない怖さと自分の人生が奴隷のようになっている現状、資格や肩書き、知名度だけで仕事をしている今の日本社会の歪みと広がる貧困、世界との格差、子供たちの無限の可能性をつぶす教育の実態など知れば知るほど、子ども達や自分たちを取り巻く環境は厳しすぎるものであると感じました。

そんな現状をどのように生きていくのか、それを示すのが教師の仕事であると先生は仰り、本来の在るべき姿と現実とのギャップに更に衝撃を受けました。

今の気持ちをなかなか上手く言葉で表現することができませんが、講義を通して、今まで自分自身が周囲に流されて生きてきたことを反省しました。おそらく、職場に行った時に物凄いギャップを感じると思います。考えただけでそれに負けてしまいそうです。

しかし、先生の生き様に触れ、本物とは、実力があるとはどういうことなのか、自分の世界では絶対に触れることのできない、見ることの出来ない世界を示していただき、その体験・経験自体が大きな心の支えとなっています。これまで幸運にも数多く先生に御指導を賜って参りました。しかし、毎回が初めてご指導を頂く心境です。

先生のような全くレベルや世界が違う方と時間や空間を共有し、触れさせていただくこと自体に自分自身の細胞が感動しているのだと思います。

今回の教師塾を通し、先生の御指導を賜るだけで終わるのではなく、自分の人生をもっともっとどのように生きていくのか真剣に考えなければと思いを強く持ちました。足がすくんでも真実と向かい続け、前に進もうとする気持ちだけは忘れないように致します。この度も貴重な御指導、本当にありがとうございました。
(山口 中学校教員 男性 S.A)





宇城道塾 2015  〈東京・大阪・仙台・熊本・岡谷〉で開講
>>> 受講申し込みはこちらです <<<






スポンサーサイト
宇城道塾 道塾事務局ブログ

宇城塾長による「教師塾」 福岡で開催されました!

 去る12月1日(日)、宇城塾長による初の教師塾が、福岡県古賀市で行なわれました。
 このイベントは、熊本道塾生および福岡空手実践塾生である、古賀市立古賀東小学校校長・水上栄一氏が、福岡地区の小学校の教職員の方々に声をかけ企画されたもので、当日は、各小学校の教員、教頭、校長、そして教育事務所指導主事や教育委員会からの参加も含む110名が受講しました。


20131202-01.jpg


 この教師塾は、未来ある子供たちに本物の教育を与えなければならないことに気づいた水上氏が、自身のネットワークを駆使し動くことで実現しました。

「先生が変わればクラスが変わる。
 クラスが変われば親も変わる。
 先生が10人変わったら、もっと現場が変わっていく――」

 まさに、道塾の学びの実践がそこにありました。

 講義前半は、映像資料などを使い、いかに子供が大人の部分ではなく全体を見ているかが示され、教師や親の責任がいかに重大であるか、また私たち人間が、宇宙に生かされている存在であることを忘れ、謙虚さを失い、いかに肩書きや知名度に左右される思考になっているかが指摘されていきました。

 後半は身体を通しての実践形式で、部分体ではなく、人間本来の統一体になれば、これまでの常識では想像もつなかいほどの力、エネルギーが出ることを具体的な検証を通して体験していきました。
 自身の身体で納得せざるを得ない様々な検証に、参加者たちは「できる自分」と「できない自分」とに否応なしに向き合います。

 「教職にある人の最大の課題は、教えるだけになってしまって、学ぶこと・勉強することをおろそかにしている」という塾長の指摘にも、素直に視野を広げ、その大切さに気づいている様子が感想文からうかがえます。


 以下にいくつかの感想を紹介します。


<教師塾 受講感想文>

本物のもつ素晴らしさを実感させていただきました。教育は人なりと申しますが、自分が行き着いたところまでしか子どもに示すことはできず、知識を増やして子どもに接しても真の教育はできないということがよく分かりました。
 自分自身を教師として磨いていくことしか道はなく、まだまだやるべきことを実感して、今後の教師人生が楽しくなりました。本日は、自分の今後を考える上で大変参考になる講演でした。ありがとうございました。
(40代 男性)

水上先生のお声かけでこんなに心が元気になり納得できる目からうろこの勉強をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。もっともっと気について学び成長したく先生の御本も購入しました。早く帰って読みたいと心がわくわくしています。先生にまたお目にかかれる日を楽しみに楽しく働き、楽しく生きていきます。先生! 本当にありがとうございました。
(50代 女性)

生徒を指導対応していくにあたり、まずは相手を思いやること、自分の都合、学校の都合にならないようにしていく必要があります。そうすることで、少しずつではあると思いますが生徒との衝突を減らしていき調和していけるようにしていきたいと考えております。頭で考えるより心で動ける人間に徐々に近づけたらと思います。
 子どもたちの可能性をつぶしているのは都合よく動いている大人たちです。自分自身謙虚な心、姿勢をもち続け、周りの人を幸せにできるような人間になるべく努めていきたいと思いました。本日は分かりやすく御指導いただいた宇城先生、ならびにスタッフの方々ありがとうございました。
(40代 男性)

宇城先生、本日はどうもありがとうございました。今日この教師塾に参加できて本当によかったと思います。あいさつを心を込めてすることで動かなかった列が動くことや、つながる(一体となる)ことを意識すると動かなかった身体や列が動くことなど、驚くものばかりでした。
 人間が自然の気を意識して、とけこんでいくことで、いろいろな力が発揮できるのだと分かりました。これは、素直さなのではないかと思います。全てのものに素直に感じ、感謝する心をもつことで自分のもつ力を出し切って更に高めていけるのだなあと思いました。子どもたちに対しても私自身が鏡となって、今日のこの学びを実践していきたいと思います。本当にありがとうございました。
(40代 女性)

今回参加させて頂いて、常識では考えられない光景を目の当たりにしました。自分たちはいつも左脳で「どうしてだろう」「なぜだろう」と考えてしまうのですが、そうではないということが改めて分かりました。そのことは、やはり教育でも同じことが言えると思います。
 先生のお話の中の、ある高校の話が印象的でした。ゴミを拾ってもまた次の人が捨てるという考えは、左脳の考えであって捨てたら拾わせるという強い信念をもって生徒指導することで、子どもたちは変わっていくということが分かりました。また、気のお話があり、実際に体験することで重力をも変える力があることを知り大変驚きました。本日は、貴重なお話また、体験をさせていただき誠にありがとうございました。
(30代 男性)

先生の講演を受けて、心と身体がすっと楽になったように感じました。私はこれまで「何とかしなきゃ」「どうにかしなきゃ」「子どもたちを動かさなきゃ」などと自分の考えばかり先行させて先走ってしまっていました。今日のお話を聞き、実際に体験してみて、私はいかに周りを見ていなかったか、子どもたちを見ていなかったか、と気づかされました。お話をお聞きするうちに、もっと先生のお話を聞きたい、もっともっとやってみたいという気持ちがふくらみ、すっとひきこまれていく気持ちでした。
 そして、初めは隣に座られている方と一切話をしていませんでしたが、この講演の最後の席に戻ったときはふっと声を掛け合っていました。参加しているみなさんの全体の空気が変わったように思います。明日、学校で子どもたちに会います。私なりに肩の力を抜き、言葉や行動に心を込めて子どもたちに接していこうと思います。本日は仕事の面だけでなく自分のこれからの生き方にも大きく影響を受けるお話を聞かせていただきました。本当にありがとうございました。
(20代 女性)

様々な実践を体験しながら、学ぶことができました。その中でも気持ちをこめて行動すると人は動くのだと感じました。「あいさつをしよう」とスローガンだけではなく、教師自らが気持ちをこめて「おはようございます」とあいさつをすることで空気が変わることを感じました。そして自分で実践をしていこうと思いました。私が率先して動くことで変わっていくことを感じました。自分の身に起こることへの見方を変え、ピンチもチャンスととらえて行動していくことが大事だと感じました。今日、学んだことをこれから生かしていきたいです。ありがとうございました。
(20代 男性)

自分を開いていくことの大切さ、上に立つ人間はどうあるべきかを教えていただき、よしやろうという勇気が湧いてきました。勉強しなければ、もっと動かねばと思いました。頑張ります。今日はほんとうにありがとうございました。
(50代 女性)




〈 さまざまな検証で、身体にもともとある力エネルギーを体験していく教職員 〉

20131202-02.jpg

20131202-03.jpg



 「宇城道塾」 2014年講座 受付中! >>>>[詳細・お申込]

 ★ 学校実践講習会・京都講演会 ★
  2014年1月11日(土)、12日(日) 奈良・京都で開催 >>>>[詳細・お申込]
  小学生から大学生まで、また教員・保護者・各種競技指導者の方など、どなたでも御参加いただけます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。