FC2ブログ

「学校講演・実演会 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

宇城憲治塾長による京都実践講演会が開催されました

 
去る1月15日(日)、京都商工会議所講堂にて、宇城憲治塾長による京都実践講演会が開催されました。

20170115-01.jpg



本イベントは、例年の奈良での学校講習会と、京都での実践講演会を合体させる形で行なわれたもので、当日は、中学・高校生180名、多くの教員を含む大人80名をあわせた260名が参加、生徒、指導者が同じ学ぶ立場になって取り組んだ3時間は、これまでにない新鮮な雰囲気を醸し出していました。

講演会の冒頭では、宇城塾長が展開する「気」の理解の入り口として、宇城道塾教材である『気とは何か』が放映されました。
つづく第一部、休憩をはさんだ第二部では、実技を中心とした実践が展開され、多くの生徒、教員が舞台にあがって、身体が部分体である時と、気が流れて身体が統一体である時との身体のあり方の差を、さまざまな検証を通して体験していきました。

参加者から驚きの感想がもっとも多かったのは、姿勢のあり方による身体の強さの違いでした。
姿勢を正すか正さないかで、自身の身体の強さはもとより、周りに与える印象も大きく変わってくることが紹介され、直後には多くの人から

 「姿勢ひとつでこうも変わるかと感動した」
 「自分ではとうてい気づかないことに気づかせてもらえた」
 「講演を聞いていて、自然と姿勢が正された」
 「自分の姿勢が子供たちにそのまま伝わっているのだと気づかされた」
 「自分の考え方を根本的に変えなければならないと感じた」


などの感想が寄せられました。

姿勢ひとつで、身体から出る目に見える形のエネルギーのみでなく、目に見えない心のあり方でも、それが差になって、周りに醸し出されていくことが、舞台にあがった実践者の様子で自然と理解されていく。

言葉や理屈が必要ないこの講演会は、教職や、指導にあたる多くの人たちの刺激や指針となり、また多くの生徒たちにとっては、自らの日常のあり方を今一度見直すきっかけとなっているようでした。

以下に当日の様子と、参加者の感想文を紹介いたします。



姿勢が崩れた礼では・・・・
20170115-02.jpg

一列を動かすことができない
20170115-03.jpg

姿勢を正し、きちんと礼をすると・・・・
20170115-04.jpg

一列を軽々と動かすことができる
20170115-05.jpg

 
 
舞台には代わる代わる参加者が上がり、所作や心での身体の変化を体験していった。

20170115-06.jpg
互いにハグする気持ちで組むと、横から押されても崩れない

20170115-07.jpg
身体にもともと備わる「守る力」を体験



<参加者の感想>
 ⇒ [こちら]で参加学校ごとの感想もお読みいただけます。

今回初めて参加させていただきました。実際に舞台上で体験させていただく機会もいただき、驚くことが多々ありました。日常生活や指導にどのように生かしていくべきか、全てを理解できたわけではありませんが、新たな視点をいただいたように思います。
今日は教えていただいたことを少しでも理解を深めるように、また、その上で指導できるように努力したいと思います。
(奈良 教員 29歳 男性 HI)

宇城先生の講演を聞く度に自分の普段の生活について考えさせられます。「人間の力、人間の可能性を良い方向へ導くこと、悪い方向へ導くことのどちらも人であること」を自覚し、自分が生徒の子供の鏡となり実践していきたいと思います。本日の講演で得た体験、学んだことを踏まえ、日々、自分に何ができるのか、どう指導するのか、見極めていきたいと考えています。
(奈良 教員 28歳 男性 TH)

「姿勢」や「感謝」など、今まで表面的にしかしていなかった自分に気づくことができ、反省しました。
これからは心の底からの「感謝」と所作を意識して、いつか無意識にできるようにし、周りにも影響できるような人になりたいと思います。
(京都 事務職 29歳 女性 HY)

姿勢ひとつでこうも変わるものか、と感動しました。
実際にやって見せていただくことで、さらにそれを何度もくり返したり、人が違ってもできることを見せていただくことで、自分の中にすとんと落ちてくる感覚を覚えました。
きちんと理解できたのかはわかりませんが、知っているのとそうでないのとでは自分の気持ちが異なります。正しいことを知ることができた今は、なんだか晴れやかな、すがすがしい気持ちが自分の中に広がっています。
明日から頑張っていきたい、そう思えるような時間でした。
(奈良 教員 28歳 女性 SS)

積の法則の捉え方や、日頃からの姿勢の重要性など深く考えることができました。毎日の生活を丁寧に過ごし、謙虚で礼儀正しい自分でありたいと改めて思うことができました。
(京都 会社員 27歳 男性 HA)

前回一度、大阪で講演を聞かせてもらいましたが、今回は学生の方が多かったからか、「人が生まれるまで」といった話や「筋肉 → 神経 → 細胞 気は細胞に働きかける」といった話は、とても根本的な部分から説明いただき、わかりやすく、納得できるようなしっくり受け入れられた感じがしました。
学生たちのスポーツとかだけでなく、社会人の仕事のやり方や、たとえば営業の交渉、自分の部の育成といった場面でも、その時々の自分の気により、結果が変わっているなというような思い返しができ、また今回の話で、生き方、働き方を正してみようと思えました。ありがとうございました。
(大阪 会社員 35歳 女性 MY)

本日の講演会で「姿勢」という言葉がとても印象に残っています。舞台に出て実践を行なう人の「姿勢」が最初と最後では全く別人のように思いました。日常生活の中の重要性を改めて感じました。
「姿勢」には様々な意味が含まれていると思う。その本人を見ての「姿勢」や何かに取り組む「姿勢」など様々あります。全てがそろって統一体になると思うので、これからの生活に活かして取り組んでいきたいと思います。
(京都 学生 19歳 男性 OS)

自分が知らなかったことが知れてよかったです。壊れたものはもう戻らないので、壊れていない部分をこれから大切にしていきたいです。
(奈良 学生 16歳 男性 YK)

改めて、姿勢の大切さや何事も意識しなくても行動できるように普段から自分から動いていくことの大事さが分かりました。
食事をとる時の姿勢を見直そうと思いました。
(奈良 学生 17歳 男性 NY)

初めて参加させていただき、学ばせていただく事ばかりでした。
自分の生活がどうすればよくなるか、どんな事で改善されていくのか等々、初めての事ばかりでしたが、宇城先生の言葉一つひとつに納得と感動がありました。
(奈良 学生 16歳 女性 AU)

学校でも部活でも今回教えてもらえたことが役に立つと思います。
姿勢や行儀を正しく行なうことで体の弱体化を止め、逆に体を強くすることを、まだこの歳で聞けて良かったです。姿勢が良い悪いは親の指導に問題があるという話で、僕は姿勢がどんな時でも良いとよく言われるので、今回の事を聞いて、親に対して感謝の気持ちを持つことができました。ありがとうございます。今回、教えてもらったことを大事にしていきます。
(大阪 学生 16歳 男性 SK)


2017年 宇城道塾 のお申込みはこちらまで
【 宇城道塾入塾案内 】
 お申込み → 2017年度 宇城道塾申し込み にはいっていただき、
「お申し込み」のタブをクリックしてください。

 
スポンサーサイト
宇城道塾 道塾事務局ブログ

2015年 奈良学校実践講習会 京都講演会が開催されました


< 潜在能力を引き出す 宇城塾長のセミナー >

 宇城道塾での根幹の指導は、「私たち人間一人ひとりには、生まれながらにもっている潜在能力がある。その能力に気づくことができれば、誰もが今よりももっと幸せで充実した人生を歩むことができる、そのことを一人でも多くの人に気づいてもらいたい」というものです。

  「潜在能力」とは、渡り鳥が生まれながらに4000キロを飛ぶ能力をもって生まれてきているように、イルカがしなやかに海を泳ぐように、人間には、人間の、もともと備わっている素晴らしい能力があり、その力の存在に気づき、発揮させることができれば、それぞれの人生で必ず生かすことができる。同時にその能力は、私たちを確実に進歩・成長させ、幸せに向かわせるものであることは間違いないのです。しかし、私たちのほとんどは、そんな「能力」が自分たちにあることすら気づくことはありません。

 そんな私たちに、従来の 「教える → 学ぶ」から 「気づかせる → 気づく」の方法すなわち、
 (1) やってみせる → まねる
 (2) 引き出す
 (3) スイッチを入れる

 という実践を通して、そのことに気づかせてくれるのが、宇城憲治塾長が各地で指導されている宇城道塾であり、また1年を通じで様々な場で開催される塾長のセミナーやイベントです。

 今年も昨年に続き、1月17日(土)に、学校を対象にした実践講習会が奈良県立桜井高校にて、翌18日(日)には、一般、親子を対象にした講演会が京都コンベンションセンターにて開催されました。



 学校実践講習会 〔1月17日午前 第1部 学生対象〕 


 阪神淡路震災で亡くなった方を追悼する黙祷から始まった1月17日午前の講習会第1部には、中学、高校の生徒約600人、引率教師、保護者、一般約70名の、約670名が、講習に参加しました。

  講義が始まるや、まず誰からも習ったことがないという11歳の子のダンスの映像や、同じく独学で学んだという18歳の子が描いた、4歳からの作品集がスクリーンで紹介されました。

 塾長はこれらの放映のあとに、
  「誰からも習っていないということは、誰にでも可能性があるということです。しかし、言われたことしかせず、自分で動かない人には、その可能性はありません。大事なことは、自分で考え、自らの力で動くこと。そのようにして初めて人間としての能力を発揮できるということです。
  今日は、皆さん一人ひとりにその可能性があることを、実践を通して気づいてもらいたいと思っています」と述べ、2時間にわたる実践講義がスタートしました。・・・・・・

つづきはこちらでご覧いただけます >>>
[奈良・学校実践講習会 京都・親子実践講演会 開催レポート・受講感想文]


20150117-04.jpg
2015年1月17日(土) 奈良・学校実践講習会 〔午前 第1部 学生対象〕 

20150117-208.jpg
2015年1月17日(土) 奈良・学校実践講習会 〔午後 第2部 教員・指導者対象〕

20150118-02.jpg
2015年1月18日(日) 京都・親子実践講演会
宇城道塾 道塾事務局ブログ

宇城塾長による学校講演会が行なわれました

 去る5月8日(木)徳島県立富岡西高等学校にて、5月23日(金)には、立命館宇治中学校・高等学校にて、宇城塾長による学校講演が開催されました。

徳島での講演は、子供たちの生活力の改善と学力の向上をはかるために宇城塾長の「気」による実践指導が行なわれ、生徒(750名)、教師(60名)を含む810名が参加しました。



富岡西高等学校 生徒・教師 810名が参加
140508-03.jpg

140508-02.jpg


 立命館宇治では、それまでのグローバルな人材育成・国際教育の実践を踏まえ、文部科学省による「スーパーグローバルハイスクール」指定校に認定されたことを機に、7月から行なわれる海外留学研修をひかえた高校1年生84名に、日本の武術や文化からくる人間力、礼儀や挨拶の意味などを伝えたいということで、宇城塾長の講演、実技指導が授業の一環として行なわれました。




立命館宇治中学校・高等学校
海外研修をひかえた84名が塾長に日本の伝統からくる人間力を学ぶ

140523-04.jpg

140523-03.jpg



 両日の講演はいずれも、大阪道塾、江坂宇城塾で学ぶ塾生が中心となって企画されました。

以下は、講演直後に送られてきた生徒さんたちの感想文です。

感想文は、どれひとつとっても感動と驚きに満ちた素晴らしいものでした。

宇城塾長が引き出した子供たちの感性、素直な心、そして何より、学んだことを自分に映していく力は、まさに私たち大人たちが学ぶべき姿勢でありました。



〈 徳島県立富岡西高等学校 〉
 このほかの感想 >>> [徳島県立富岡西高等学校 受講感想]


今日の講演会で私はたくさんのことを考えました。最近の若い人には人間としての質が落ちているなあと常々感じているのですが、それは、礼儀や躾が身にしみていないことが深く関係しているのではないかと思いました。礼儀や躾がなっていないから、人間の潜在能力を引き出す「気」が入らない、そして「気」が入らないから人間としての質が落ちるといったふうに、悪循環が続いているように思えます。今日の講演会でそのことについて今まで以上に考えました。

 そして、戦わずして勝つことの大切さも学びました。「刀」を「刃」に、そして、それを「心」の上にのせると「忍」になるなど、とてもためになり、励みになる話をたくさん聞かせていただきました。相手を思いやる大切さも痛感しましたし、本当に貴重なお話を聞かせていただいて、大変有意義な時間を過ごすことができました。最後に本日はお忙しい中、遠いところからわざわざ私たちのためにお越しいただき、ありがとうございました。この講演で学んだことをこれからの進路実現のために活かしていこうと思います。(高校3年)

〈 立命館宇治中学校・高等学校 〉
 このほかの感想 >>> [立命館宇治中学校・高等学校 感想文]


今回までの3回のGLS(グローバルスタディ)は、私にとって素晴らしい体験になりました。 今回はまず、映像を鑑賞し、宇城先生の功績や世界各国で活躍されていることを知り、「身の危険を感じることと、怯えは違う」という宇城先生の言葉に感銘を受けました。また、次々と合宿に参加した様々な国の方に技をかけている姿を見て、その隙のない動きに感動を覚えました。

 講演では、「心」の話が印象に残っています。刀でも、そこに心があると「忍」になること、心に相手を乗せると「想う」という言葉になることについてなるほどと関心をもちました。相手のことを常に考えて行動することが真の思いやりだと感じました。心を亡くすと書いて忙しいと読み、心を去ると書いて怯えると読むことについて、私は気づかぬうちに忙しいことを理由にして現実から目をそらしていたことに気づかされました。壁にぶち当たったとき、怯えてそこから進めないとあきらめるのではなく、自分の可能性を広げるためにも自分自身をしっかり持って壁を越える努力をするのが大切だということを学びました。

 そして、実際に体験したことでは、「型」という言葉に感銘を受けました。スリッパを揃えずに体勢をとったときは力が入らずすぐに崩れてしまうのに、揃えたら人が乗っても簡単に崩れなかったのを見て、靴をそろえることで心の統一を図っているのではないかと思い、スリッパや靴をそろえるのには深い意味があったのだと感動しました。これからは気持ちを込めて進んでスリッパや靴をそろえていきたいです。

 また、人をおんぶする時には手を開いて構えの型を作ることでスムーズに動けたり重さがあまり感じなくなったりすることにびっくりしました。やはりそれも、心の持ち方が違ってくるのかなと思いました。様々なところで実践していきたいです。 宇城先生はほかにも5人がかりで挑んだ腕相撲にも勝たれており、痛みを和らげるような力も持っておられて、これまでたくさんの修行を積み、何度も壁を越えられてきたのではないかと感じました。 GLSを通して学び、これからに生かしたいと思ったのは次の4点です。



     
  1. 出来ないことを出来ないと決めつけず、強い気持ちを持って挑戦すること

  2.  
  3. 素直な気持ちでたくさんの事を吸収すること

  4.  
  5. 周りの状況をいち早く察知し、進んで行動に移すこと

  6.  
  7. 自分自身を持ち、壁を越えていくこと
  8.  


 きっとすぐには自分を変えられないと思いますが、それ以上に自分を変えないと何も始まらないと強く思います。

そして、GLSで吸収したことを決して無駄にはしたくないのです。留学という大きなステージも待っているので、現実を見据えて行動していきたいです。

宇城先生、貴重なお話をありがとうございました。(高校1年)



 徳島県立富岡西高等学校の感想はこちら
 >>> [徳島県立富岡西高等学校 受講感想]

 立命館宇治中学校・高等学校の感想はこちら
 >>>> [立命館宇治中学校・高等学校 受講感想]


宇城道塾 道塾事務局ブログ

自分が主役――自らが動いてこそ! 学校実践講習会 & 京都講演会

02-IMG_0959.jpg
学校実践講習会

20140116-02.jpg
京都講演会



「変わる人に変わってもらいたい。格好をつけるための講習会ではありません。何ができた、何回できた、そんなことではないのです。やわらかいおもてなしをさせていただくつもりはありません。大人の方々、よろしくお願いします!」

 毎年、宇城憲治塾長の学校講習会を主催している奈良県立高校教諭で、大阪宇城道塾・大阪宇城空手塾の塾生でもある森島伸晃教諭の冒頭の挨拶です。

 1月11日(土)、12日(日)の両日に行なわれた宇城塾長の講習会・講演会は、この講習会が何のために開催されたのか、どんな思いで開催されるものか、その意義と覚悟を今一度、真剣に参加者に問う形でスタートしました。 
 塾長の指導を受ける人は、同じ講義を受けても、それぞれの立場によって学び取る内容が異なります。初めての人であれば、自分の中に眠る潜在能力に気づかされ感動し、なんらかの変化のきっかけを自分のなかにつかんでいく段階です。長く塾長に真剣に学んでいる人であれば、変化した自分を行動にあらわしていく段階に入ります。まさに・・・

   続きはこちらをご覧ください>>>>> [学校実践講習会 & 京都講演会]


 「宇城道塾」 2014年講座 受付中! >>>>[詳細]

 新刊『気によって解き明かされる 心と身体の神秘』発売中
  人の心身に刻まれた神秘とは― >>>>[商品詳細]
宇城道塾 道塾事務局ブログ

宇城塾長 高校野球児に実践指導

 今夏、7月30日(火) 大阪府門真市なみはやドーム サブアリーナにて宇城憲治塾長による実技講演会が行なわれました。

 大阪、京都、奈良県の中学・高校 硬式野球部員と指導者を対象に、500名が参加しました。
 その中には、この夏、高校野球奈良県大会で見事優勝を果たした桜井高校の生徒たちと、森島監督の姿もありました。

 参加されたそれぞれの顧問や指導者は日頃、宇城塾長に様々な形で指導を頂いている方ばかりですが、生徒たちのほとんどは初対面です。

全体が緊張の雰囲気のなか講演が始まりましたが、宇城塾長に実際に気を通してもらい「統一体」となり、そのパワーを体感すると、驚きと感動で場の空気が変化していきました。
 
2時間30分の実演はあっという間に過ぎ、「自分でも出来るんだ!」「不思議な感覚を初体験した」―― 目の色が変わっていく、子供たちの表情が印象的でした。

 こちらのページで、参加した指導者・生徒たちの感想文と、写真をご覧いただけます。
 ⇒ [実技講演会〈 硬式野球部員対象 〉 2013年7月30日]


201309_01.jpg
バッティングフォームの検証 塾長の指導で劇的に変わる


201309_02.jpg
身体の神秘を示す塾長
太腿に乗る人が「統一体」であれば乗られる人は恐さもなく、痛みもない


宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。