FC2ブログ

「日本に危険が迫っていることを具体的に示してくださる宇城先生」 ― 宇城道塾 受講感想文より

【宇城道塾】には、継続して通い続ける塾生の方がとても多いです。
継続理由として、宇城先生の講義内容はもちろんのこと、宇城先生のお人柄に魅了されてしまう部分も大きいようです。
宇城道塾の講義・宇城先生のお人柄について、とてもよく伝わってくる感想文をご紹介いたします。


20101013_1.jpg道塾に参加させていただくようになり、あっという間に1年半がたちました。宇城先生は世界中の誰もできない気やその本質を見抜く目で、様々なことをご教示くださり、何回受講しても毎回呆然となることがあります。「気を変えますよ」との一言で、特に何もされず離れた人の身体能力が明らかに変化し、しかもその変化は可逆的で完全に宇城先生のコントロール下になります。その気の力はとても明確で、見ている何十人という皆が呆然としてしまいます。
 今回は、宇城先生がエレクトロニクス分野で電源開発に携わっておられた時代のお話もしてくださいました。その技術開発やビジネス上の判断の速さや的確さのお話から、直感や霊感といわれるような感覚が私たちのような凡人より非常に強力に発達され、しかもそれを大切にしておられるような気が致しました。ここまで研ぎ澄まされた直感力をおもちだということは、やはり最大の努力を続けに続けて、厚い強大な壁を何百回も打ち砕いて打開されてきたのだろうと、その宇城先生の歴史を瞬時に感じさせる雰囲気のようなものに圧倒されます。
 しかし宇城先生は全くそれをふりかざす素振りなど微塵もなく、人格的実力、魅力において右に出る人がいないにもかかわらず、ごく普通の一般大衆の一人のようにされているところにすごく畏敬の念を感じます。これまでもこの先も、ずっとずっと高い目標をもたれてご自分の現状に満足されることはないのだろうと思います。

20101013_3.jpg 講話では、ダウン症の子供が生まれたとき多くのお母さんが一緒に死のうと思う、というようなお話がありました。そういう考えになってしまう環境が、すなわち日本の社会福祉制度が悪いのだと思います。ダウン症や視力障害などいわゆる機能障害を伴う人でも魂は同じで、教育や生活の様式を変えれば健常者と変わらず問題なく能力を発達していくことができますし、またそれはそれで完成統合された世界があるに違いありません。しかし、視覚的に自分と違うというだけで、魂や心までも障害されているといったような自分本位の偏見をもつ歴史的文化的な背景があり、現在これを充分改善することを怠っているために、お母さんが絶望的にならざるを得ないのだと思います。
 宇城先生の『人間は生まれながらに完成形』という御著書はその偏見、さらにその偏見を他人だけでなく自分に対しても持っているのではないか、というご指摘をくださっていると考えています。生きている動植物は全て生成化育する方向に向かうという魂の部分を示唆されていると思います。身体的に健常者でも、魂が抜けたり欠けたり傷ついたりしているほうがよっぽど問題だと思います。視覚や聴覚などの感覚器だけから入力される情報だけで、その見えない心や魂までも同じ情報で処理してしまう浅はかな感覚自体が、社会のレベルに直接影響するから危険なのだと宇城先生は言われているのではないかと思います。このような感覚は、宇城先生が時に言われている、多くのメディアが流す本質を無視した人間の俗性や欲情を挑発する形の情報を、そのまま鵜呑みにしてしまう感覚の原因にもなっているのではないかと思いました。

 これだけでも現在かなり危険が迫っていることを宇城先生は具体的に示してくださっているわけですが、そのうえこのようなお話もありました。教養がない人が権力をもったら権力を使って横暴になるという話題です。このお話に至ったときには、もうどうすればいいのだろうと途方にくれ、これまで見聞きしてきた多くの典型的例が頭をかけめぐります。人間社会が今よりおそらくまだ未発達であった戦中戦後のこのような人たちを考えると、その影響力や迷惑度はすさまじかっただろうとぞっとしました。このままでいくと、このような人がはびこるモラルの低い社会になるから、と宇城先生は言われているような気がしました。
20101013_2.jpg
 また、言葉は少し違っていたかもしれませんが、もし何かに勝って賞金などを手にしたら、その3割は社会に還元しないと衰退の方向に向かう、といったような話題もありました。賞金をとるために努力するというその方向性が、本来の自分を向上させるためという目的から外れることが原因のようでした。私もそうだと思い、3割といわず8割以上還元しようと考えているのですが、なかなか賞金などがないため、充分還元できないのはさらに悪いな、と心の中で苦笑しました。
 他にもたくさんの日本社会の現状や他国との比較における日本の問題点、日本人の素質や能力を発揮しきれない理由などのお話、身体検証を通してその具体的説明がありました。まだ今回の道塾の興奮が残っていて目が覚めっぱなしの状態ですが、宇城先生のような指導者がいてくださってよかったと嬉しいような気分と同時に、どうすればいいのかという思いで、まだまだ眠れそうにないなと感じています。
(福岡 教員 44歳 Y.K)




この他の宇城道塾生の感想はこちらでお読みいただけます。
 >>>>>>[宇城道塾 感想]

来年2011年度の宇城道塾(東京・大阪・熊本・仙台)のお申し込み受付中です。
 >>>>>[宇城道塾 詳細・お申し込み]
『人間は生まれながらに完成形』
スポンサーサイト



宇城道塾 道塾事務局ブログ