FC2ブログ

「道塾開催の意味」 東京中級感想文より

宇城道塾 東京中級が5月25日に開催されました。
3月に予定されていた東京中級は、震災のため延期となってしまったので
4ヶ月ぶりの開催となりました。

あらためて宇城道塾を受講して、道塾の趣旨である
『塾生一人ひとりが「変化・成長」すること』
この意味と、宇城塾長が道塾を開催する気持ちを感じたという感想をいただきましたので、
ご紹介いたします。

今回初めて、先生がなぜ今のスタイルで道塾を開催されているのかがし解った気がしました。
というのは、一人でいくらふんばっていても、数人に抵抗されると全く動くことも出来ない!!
既存の状態を変えようとしても抵抗勢力が強く時間がかかりすぎてしまう。
本人達が気づき、他者から変えられるのではなく、自ら変わっていく。
そのことを先生は広めていると・・・「道」即ち、自分で考え生きていく力。
早く先生のように「気」を使えるようになりたいと思っていた自分が、
本当にちっぽけではずかしい思いでいっぱいです。
「謙虚」・・・卑屈になるイメージもあったのですが、
逆に飛躍で、そこに自分を置くことで毎日薄皮をはぐように器を広げていきたいです。
ありがとうございました。
(東京中級 N.K)


 デザイン一新!
季刊『道』2011年春 168号 >>>>>[注文ページ]

 子どもってすごいぞ! 人間の潜在能力シリーズ第4弾
子どもにできて 大人にできないこと』 DVD付 >>>>>[注文ページ]

 2011年 宇城道塾 後期受付中 潜在能力を引き出す気の実践指導
宇城道塾の詳細・お申し込みはこちらです >>>>>[宇城道塾 詳細・お申し込み]

東北関東大震災の義援金を募集しています >>>>>[詳細]
スポンサーサイト



宇城道塾 道塾事務局ブログ