FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

「あきらめない」 熊本道塾 感想文より

7/15(金)に熊本道塾が開催されました。
1対多人数の腕相撲の検証について、たくさんの感想をいただきましたので、ご紹介いたします。


男性4人を相手の腕相撲の検証をさせていただきました。
先生から気を入れていただくと最初全くやれるわけがないとあきらめていた自分がなくなり途中から相手の力が消えていった気がしました。
先生から何度も「休まない」「できてる」とお声をかけていただきその声に導かれてできたように感じました。
懇親会の席でもずっと「あきらめなかったらできたやろ」震災の復興になぞらえ「途中で休んだらもうたちあがれないんや」とお話してくださいました。
私が最初からあきらめて臨んだことも顔に書いてあったのか全てお見通しで検証を通して全身で感じさせていただきご指導いただいたのだと感謝と反省の気持ちを深く胸に刻みました。
なでしこジャパンがアメリカを下し優勝しましたが、まさしくあきらめないことの勝利だとまず先生のお顔が浮かびました。
女子サッカー選手がいかに厳しい状況下でサッカーを続けているかについてのお話がありましたが、厳しい環境が人を強くするということの見本をまざまざとみせつけられました。
大きなスポンサーがない分地域の小さな会社やサポーターが少しずつの気持ちを持ち寄って応援し支えることがまたより一層チームを強くすることなのだとも思いました。
(Y.M)

女性であるAさんがたった一人で大勢から押さえつけられた手をひっくり返す検証からは「希望」をもらいました。力ではなく(逆に力では絶対に不可能な状況)、気により現状を事実を変える事が出来る!
Aさんの後、検証された何人かの人は「無理だ、出来ない」と思い止まってしまった時点で、手をひっくり返すことが出来なくなりました。
しゃくるような返し方をする場合もひっくり返すことが出来ませんでした。
Aさんのされたようにじっくり、すっと、そして可能性を疑わないことが大切なのだと教えていただきました。
そこに大きな「希望」を見ました。
(A.I)

講話では、東北地方の震災復興のお話にふれ、未来を上昇させる為には、自身の時間の捉え方が重要だ、今回の震災のように突然の「まさか」に遭遇した時には「今」という時間を広げる事だと教えて頂きました。
その時私は「今」という時間を広げるという意味がわかりませんでした。
その後の腕相撲の検証で、先生から「気」を通された女性の方が5人の男性を相手に圧倒的不利な状況から腕相撲をして勝った時に、自分の中で自然と湧きだした「頑張れ!!」という気持ち、そして勝った時の感動、思わず出た喜びの声と拍手、腕相撲をしていた女性と周りの温度差。これら全てに復興の手掛かりがあると先生は仰いました。
それを聞いた時から、それまで分からなかった「心の発動」、「今を広げる」、「調和融合」のお言葉が、少しずつではありますが、私の中で繋がり始めています。
私に確かな哲学と素晴らしい仲間を与えて下さり、私の人生を濃いものに変えて下さる先生に感謝の念は尽きません。
宇城先生に少しでもお応えできるように頑張って参ります。
(T.S)

様々な検証をしていただきましたが、最後に女性一人と男性五人の腕相撲の検証をしていただきました。誰が観ても結果はわかりきっているように思えました。希望としては、女性が五人の男性を投げ飛ばす姿が観たいところですが、この状況では不可能です。しかし、宇城先生が「気」を通されることによって、五人によって完全にテーブル押さえつけられた女性の右腕が少しずつ持ち上がり、最後にはひっくり返してしまったときの驚きは、忘れることができません。
さらに、周りの方々がいっせいに歓声を上げ大拍手が起こりました。会場内が完全に1つになった瞬間でした。
今まで、それぞれの気持ちで検証に臨んでいた者の気持ちが1つにまとまった瞬間でした。年齢、性別、地域、職業、参加された動機など、皆さんそれぞれ違う方々の気持ちが一瞬にしてまとまるというすごい体験をさせていただきました。
(K.S)

腕相撲で何人もの大人を一人で倒せるかの検証で先生に気を通されて出来る状態になっているにもかかわらず自分の感覚を入れてしまう(しゃくったり、諦めたりする)ことで倒せなくなった場合と女性一人でも見事に倒せた場合をみせて頂きました。
後者の場合は周りから自然と拍手が起こり一体感が生まれた気がしました。
この事実を通して統一体の身体であるには「中心がずれない(しゃくらない)こと」「先に頭で考えないこと」が絶対条件であることがはっきりわかりました。
またそういう身体ができていれば諦めない心が未来に繋がり、調和を生むのだと思いました。
その感覚を私達大人が取り戻していくことが今の日本が立ち上がっていくために必要なのだということを教えていただいたのだと思います。
(N.H)


 最新号 7月20日発売
季刊『道』最新号 2011年夏 169号 >>>>>[詳細ページ]

 子どもってすごいぞ! 人間の潜在能力シリーズ第4弾
子どもにできて 大人にできないこと』 DVD付 >>>>>[注文ページ]

 宇城道塾 潜在能力を引き出す気の実践指導
2011年 親子で学ぶ 東京親子塾(7/30)お申し込み受付中です >>>>>[宇城道塾 詳細・お申し込み]

東北関東大震災の義援金を募集しています >>>>>[詳細]
スポンサーサイト
宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。