FC2ブログ

皆さんの感想文が私の道塾

宇城道塾では、受講する毎に毎回感想文の提出をお願いしています。

感想文を書くことによって、講義を振り返って考えていただきたいという意図があります。
また事務局では、各クラスの理解度の把握をしています。

弊社HPにて、感想文の一部をご紹介しております。
これから道塾へ参加する方の参考にして欲しいという思いもありますし、
受講生の方からは、
「同じ実技を受けて他の人がどのように考え感じたのか、自分の理解につながります。」
という声をいただいています。


2年前、道塾事務局に1通のメールが届きました。
「道塾に参加したいが、アメリカ在住で参加できない。
 道塾の開催にあわせて帰国するので飛び入り参加をさせて欲しい」
という内容でした。
残念ながら、道塾では飛び入り参加は認められておりません。
しかし、ちょうど翌週に宇城先生のニューヨークセミナーがあったので、
「空手のセミナーですが、勉強になると思うので、ご都合がつくならご参加下さい」
と連絡をしたところ、すぐにその方は西海岸からの飛行機を予約し、空手セミナーに参加されたのでした。

この方はその後も、何度かアメリカで行われる空手のオープンセミナーに参加し続け、昨年ついに念願の道塾への参加を果たされました。
今年も一時帰国の折に道塾へ参加され、道塾の感想文についてお話をしてくれました。

「アメリカ在住なので、普段道塾に参加したくてもできません。
 皆さんの感想文を読むことで、今、宇城先生はこういう指導をされているんだと
 知ることができます。そして本当に多くのことを感想文から学んでいます。
 皆さんの感想文が私の道塾です。」


事務局スタッフも、みなさんの感想文を読んで、自分の横着さを反省したり、今日も頑張ろうと元気づけられたりしています。


 季刊『道』174号 10月中旬発売
  巻頭対談 宇城憲治 VS “ロケット開発”植松努氏 >>>>[174号 詳細]

 人間力を取り戻す! 宇城道塾
  潜在能力を引き出す「気」の実践指導 >>>>[詳細・お申し込み]
スポンサーサイト



宇城道塾 道塾事務局ブログ