FC2ブログ

今年気づいたこと、成長したこと ― その2

前回に続き、塾生方が今年の受講を振り返って気づいたこと、学んだこと、変化したことなどをつづった感想をご紹介いたします。
下記の感想文には、フルコンタクト空手を学んでいた方が道塾で学んで6年たち、日常で仕事で、どう変化してきたかがつづられています。

121227_1.jpg最近の道塾では、筋力ではなく調和の力の素晴らしさを体験する検証が続いています。
例えば、1人対4人で向かいあい、4人は連なって前の人の腰をしかっりつかんで支えているのを、前に立つ人は4人の先頭に立つ人の両手に自分の手のひらを合わせるだけで、後ろの4人を押す、引くなどの検証をしました。当然力だと衝突して動かせませんが、塾長に気を通してもらって相手と調和すると、押す、引くがいとも簡単にできることを塾生たちは体験しました。

121227_3.jpg
塾長は、
「(相手と)心が通ったら一緒にいける。
 逆らうことができない。
 そういうように雰囲気が変わらなければ
 ならないのです」

と述べ、いかに心と体が一致することが大事か、心を開くこと、心を通わせることが大切であるかを指導されました。

このような検証も、最初からできる人もいれば、なかなかできない人もいる。
理解や成長の速度は人それぞれ、早い人もいれば遅い人もいて様々ですが、
ゆっくりでも着実に学んでいって欲しいと思います。


塾生の感想
先生にご指導をいただいて数年が経つ頃になると、道塾や合宿でご一緒させていただいた方などから、実技で組んだときや、投げられるとき、接したときの雰囲気などが柔らかい、と言われるようになりました。最初に言われたときは「そうなのかな」と軽く受け流してしまっていたのですが、最近になってから、道塾で学んだ6年近くの間で大きく変わったのはこの部分なのではないかと思うようになりました。
道塾初級の頃のように、力任せに相手を動かそうとして息が詰まってしまうようなことも、上級クラスで学ぶ頃になるとあまりなくなっていました。以前の私は普段の生活でも、おそらくそのような角のある、息が詰まったような状態だったのだろうと思います。道塾で学ぶことによって、いつの間にかそういった硬さがかなり取れてきたような気がします。

最近の道塾や実践塾での先生の分かり易い実証により、衝突していると他のあらゆる角度からの力に対して脆くなることを知りました。これはまた、以前の自分の日常の姿でもあったのだと思っています。気を抜くと、今でもいつでも出てくる自分でもありますが。
10月の道塾や先月の実践塾の実技や検証の中で、日常や仕事の中で調和することが、ダイレクトに実技や技のかかり具合などに繋がってくることを実感しました。「心が技に反映される」という先生の言葉が、わずかですが、ようやく頭ではなく身体の感覚に現れるようになってきたような気がします。本当に不思議なことなのですが、心の状態によって、またどう日常を過ごしてきたかによって、身体を使っての検証や技のかかり具合が変わってくる感覚があります。
このようなことは道塾での学びと、その教えを日常で実践し試行錯誤する中で身につけてきたことであり、これが道塾の素晴しさであると実感しています。こうした発想はフルコン空手の稽古の中からは、決して生まれてこないものです。
 
「衝突は駄目」と分かっていても、先生のように衝突をゼロにするようなことは不可能なことです。しかし完全に調和出来ないことを嘆くよりも、衝突を出来る限り少なくする試みをしてみようと考えるようになりました。それでも今までのように、衝突により他のあらゆる角度からの力に弱くなっていたことを考えれば、それだけでも心身ともに充分強い状態であることが分かってきました。このような心身の状態を実感する場面が少しずつでも増えてきたことによって、先生と同じ次元で実践すること自体は未熟な私には不可能であっても、それに向かって諦めずに努力していくことが大事だと気付かされました。

天動説のお話から実感出来たことがあります。それは、世の中の大多数が間違った方向に向かっていることもある、ということです。いや、むしろそのような例は多いことなのかもしれません。頭脳中心で、利他の精神を失いつつある今の世の中にしても、そうなのではないかと思います。
 
道塾での世の中を見つめるスケールの大きな先生、実践塾での全日本チャンピオンや世界チャンピオンをものともしない、とんでもなく強い先生、親子塾での子どもに優しい、より身近に感じる先生、どの表情の先生も魅力的であり、尊敬しています。
(東京上級 会社員 39歳 男性)


 新刊『心と体 つよい子に育てる躾』11月27発売
  第1部「やってみよう!」を動画で見てみよう!  >>>>[商品詳細]

 人間力を取り戻す! 宇城道塾≪2013年度申し込み受付中≫
  潜在能力を引き出す「気」の実践指導 >>>>[詳細・お申し込み]
宇城道塾 道塾事務局ブログ