FC2ブログ

塾生の変化成長の記録 2013年道塾を終えて (2)

2013年の道塾のクラスは、次々と最終回を迎えています。
塾生方の感想からは、半年間、あるいは一年を通しての学びを振り返ったものが
多く見受けられるようになりました。
 
塾生方の感想を、紹介します。

以下の感想は、大阪中上級の塾生の感想です。

20131209-01.jpg



意味ある人生・価値ある生き方を教えて頂いている  
(奈良 美容室経営 35歳 男性 KO)

 1年間ありがとうございました。
 最初、北朝鮮の女性のスピーチの映像をみせていただき、一歩間違えると生きていけないという状況の中、命がけで歩んでこられた人生の道のりは想像を絶するものがあったと思えます。
 「わたしは経験したことがない」と、他人事のように思ってしまう事。宇城先生のご講義を受けさせて頂いていると、私自身が平和ボケして感覚が麻痺してしまってると思いました。
 命あるのが、当たり前だという感覚いかに私自身の人生が緊張感も締まりもない時間を過ごしてきたかを、反省しています。常に呼吸が止まっている、今までダラっとした人生が私の呼吸や身体をも止めてしまっている。止まっている呼吸、身体がつくりだす時間や空間は意味のない時間を過ごし その結果が宇城先生のみられている先の未来だとしたら、このままで良いはずは、絶対にないと、私自身も感じています。
 ガリレオのお話や、気を使っての治療のお話で、今までの常識にとらわれて、目に見えているものしか信じられない、信じようとしない愚かさや、今まで、テレビや、作られた情報、常識 過去にとらわれて、そこから、抜けれない人生だとしたら、それこそ 虚しさや 悔しさで、意味をもたない人生になってしまうと思いました。
 その、意味のない人生から宇城先生は私に意味のある人生 価値ある生き方を教えて頂いていることに感謝の言葉しか浮かびません。
 宇城先生のご指導での一人革命を実践し意味のある人生、希望ある未来を求めて、まだまだ、私自身小さい存在で未熟者ですが、これからも、宇城先生のご指導の下成長していきたいと思っています。


答えはまだみつからないが今人生を真剣に考える時期 
(大阪 歯科衛生士 47歳 女性 HN)

 今年度最後の道塾でのご指導ありがとうございました。
 一年を振り返って感じることは、自分の頭で考えて、勝手に限界を設けたり、間違った常識を鵜呑みにしてこれで良しとしていることの多さに驚きました。そして、その中にありながら、どんどん変化し成長していく塾生の方々を見て、自らの勉強不足を思い知った一年でした。
 今回、TEDで紹介された北朝鮮の女性の方の生死を懸けて脱北し、何の後ろ盾もなく中国や韓国へ難民として移り住みそこで生活していくまでの体験談を聞き、胸が痛みました。今の私たちは、その女性が最初に話されていた「貧困に苦しんでいる人がこの国にいるなんて信じられなかった」の状態そのもので、いかに平和に生きていて、命を感じない世界に自分がいるのかを知りました。
 知らないということが、どれほど愚かで、これからの日本をダメにしていくかを教えていただき、今自分に何ができるのだろう?という思いが湧いてきています。その答えはまだ見つけられませんが、宇城先生に学びながら、これから先の人生をもう一度真剣に考えていかなくてはならない時期なのだと感じています。
 また、検証の中で、部分体の私たちはスポーツをはじめいろいろな場面で息を止めて身体が浮いた状態にあることに反し、統一体では関節がぐっと伸びて届かなかった距離の相手に届いたり、握られている腕を簡単に振りほどけることを体験しました。このようなことができる「気」による変化は、人間が本来持っている力であり、それを無くしてしまっているのもまた私たち自身であるということを教えていただきました。
 驚いてばかり、そして自分が何もできていないことに対する反省の一年となりました。来年からは、もっと積極的に行動できるように、気持ちを新たに学ばせていただきたいと思います。 一年間、ありがとうございました。



20131209-02.jpg



 「宇城道塾」 2014年講座 受付中! >>>>[詳細]

 新刊『気によって解き明かされる 心と身体の神秘』発売中
  人の心身に刻まれた神秘とは― >>>>[商品詳細]
スポンサーサイト



宇城道塾 道塾事務局ブログ