FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

「道塾での学びは人類の夢」・・・塾生の感想より


道塾での学びは、日常そのもの、生き方そのものに影響してきます。
塾長の講義の深さに気づき、内省が始まり、自分自身の「あるべき姿」が見えるようになり、変化への道を歩きはじめます。

塾生の感想を紹介します。


今回、初級後期5回目の道塾では、今まで私たちが主に現在の学校教育において学んでいた(学ばされていた)ことに、どれだけ間違いが多いか教えていただきました。本来人間が子供の時から備えている可能性を、大人の教育でつぶしてしまう事の恐ろしさを先生は説かれました。今回の実践でも行なわれましたが、「気」で投げられた人がまた次の人を「気」で投げていくつながり。今の学校ではこのつながりを断ってしまうのか、出来なくしてしまうのかと思うと、本当に気分が沈んでしまいます。

この人間再生に関する根本の問題から何とかしようと活動されている先生や道塾の皆さんと共に学んでいる事に対して、私はもっと感謝の心と素直な気持ちで臨まねばならないのに、未だ頭で考え込んでしまう癖が抜けていないようです。行動することを怖がっては進んで行けません。

先日テレビにて、私が憧れていたユリ・ガガーリンの伝記的番組を見ました。鎬を削る宇宙飛行士の選抜競争の中で、彼が選ばれた最大の理由が印象的でした。それは、ようやく完成した宇宙船に候補生たちが一人ずつ乗り込む体験試乗テストをした時のことです。船内に入る際、彼ガガーリン一人だけが、さりげなく靴を脱いで乗り込んだそうです。

それは、人類史上初の宇宙飛行をするという自分の夢を実現させるために宇宙船を完成させてくれた開発者や技術者たちへの敬意と感謝の気持ちの表われが自然に出たものでした。加えてどんな苛酷な環境に置かれても絶やさない朗らかな笑顔、逆境に耐え抜いた人の見せる笑顔は本物の強さを感じさせます。

「人は魅力で人を引きつける」
「深さを知るとは謙虚になることである」

この番組を見ている間、ずっと宇城先生のお言葉や道塾での学びが頭の中から体に向けて離れませんでした。そして自分の中で心と体が問いかけてきます。

「道塾での学びは人類の夢という大きなレベルのものであり、それを実践を通して教えていただいている自分は、果たしてガガーリンのように、本当に謙虚になっているのか」
「試練と実戦をくぐり抜けてこられた先生の、滲み出るような笑顔の奥にある真の強さとお人柄に、自分は本当に敬意を表して日々過ごしているのか」

・・・・今まで、どうしても思考する頭が邪魔をしてしまい、心が体を動かしていませんでした。しかし、道塾で学び始めてから、私は少しずつ真理に対して目が開けている気がします。

宇宙からの映像を見る度に、私は本を通じて知った言葉「我即宇宙」を思い出します。今まで知識として、達人の境地としてしか感じられなかったこの言葉。今回テレビを見ながら道塾の学びを重ねていたときに、不思議に憧れていただけの宇宙が、自分にはこんなに身近なのだという感覚になりました。まさに、道塾において受ける感覚です。これは言葉では上手く表現できませんが。

道塾の学びを私の夢に、ひいては人類の夢につなげるような気概で、これからも挑んでいきたいと思います。
(東京初級 千葉 会社員 46歳 男性 T.S)



20141127.jpg

気によって、上の人が重くなり、下の2人が崩される
自分の常識が覆る体験を重ね、塾生は生き方そのものへの問いかけを始める





宇城道塾 2015  〈東京・大阪・仙台・熊本・岡谷〉で開講
>>> 受講申し込みはこちらです <<<





スポンサーサイト
宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。