FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

2015年3月 宇城道塾合同合宿が行なわれました

去る、3月28日(土)、29日(日)、神奈川県箱根町において、宇城道塾合同合宿が行なわれました。

東京、大阪、仙台、熊本、岡山の、全国で宇城塾長に学ぶ道塾生が一堂に会した合宿では、サンチン型の稽古や呼吸法とその検証、さらには、ふだんは代表者のみが体験するような実践検証も、全員が体験するなど、合宿ならではの充実した講義、実践が行なわれました。

20150402_01.jpg
真剣に塾長の話に聞き入る塾生



「自分一人がやっても仕方がない……じゃない。信念をもったらいい。自分が変われば周りも変わっていくのです」

合宿で一番のテーマとなったのは、何があっても流されない、ぶれない自分をつくる、ということでした。

バーチャルになったり不安になったりすると、身体が浮き肚がすわらず、目の前にある壁や困難に立向かえなくなる。

しかし身体に気が通り、地に足がついていれば、そこから逃げずに、対することができる。

浮いた部分体の自分と・気が通り統一体になった自分――。身体に気が通っているかどうかで、どれだけ内面の状態が違ってくるのか。その違いを塾生たちは様々な検証で繰り返し体験していきました。

ますます複雑で不安な方向へ進む世の中にあって、今回の合宿で塾生たちが学んだことは、まずは自分自身がしっかりとした人間としての芯をつくっていくことでありました。 

20150402_02.jpg
身体の変化を体感する塾生たち 常にやってみせる塾長の指導法だ

20150402_03.jpg
全員でサンチンの稽古

20150402_04.jpg
一人の礼で全員が強くなる、

20150402_05.jpg
普段全員ができない検証を一人ひとりが体験した

20150402-06.jpg
全員で記念撮影


 初めて合宿に参加させていただいたのですが、言葉にならない濃密な時間で、本当に参加させていただいてよかったです。塾生の皆様との交流の時間も学びが多く、24時間が修行という意味を身体で学ばせていただいたように思います。
これまでの自分は、型をやる、呼吸をやる、道塾に通わせていただくと、それぞれが切れてバラバラになっていてしまいました。しかし、そうではなく、切れずに、日常としての実践がないと意味がありませんでした。

特に二日目にご指導いただいた呼吸からのサンチンの実践においては、気を通していただいたときと自分でやったときの差を通じて、「気持ちが切れたとき」と統一体での違いを顕著に感じられました。
頭で考えてしまったり、動作と心がつながっていないと、眼がぶれ、視界が歪みます。
すると身体も浮き、軽くなってしまっていました。しかしスッと型をやっていくと身体に重みが備わっていました。

また、一人が礼をすることで周りも変わるというのはとても印象的で、勇気をいただける真実でした。
「無くて七癖」とのことですが、何事も頭で考えてしまうこと、周りと自分を比較し対立してしまうところが自分の悪い癖だと感じました。「自分一人がやったところで」などと考えず、まずは自分がどうあるか、そこに意識を集中させて、素直に実践していきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。
(東京 会社員 29歳 YT)


 2日間様々な検証が行われましたが、仕事をしていく上でも、とても為になる事ばかりでした。
特に集団の中の1人が礼をしっかりとすると集団がしっかりとすることは、とても励みになるものでした。
大きな組織の中におりますと、どうしても一人だけ頑張ってもしょうがないと諦めてしまいがちですが、そんな事はないと勇気づけられるものでした。

マザーテレサの詩の一節で
あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたといわれるでしょう
気にすることなく、善を行いなさい
目的を達しようとするとき、邪魔だてする人に出会うでしょう
気にすることなく、やりとげなさい
善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい」
とあります。

宇城先生が複数の相手を倒す(相手と調和する)時も、相手をどうしようというのではなく、自分が変わっているだけと仰っておられますが、自らが変われば何かが変わると信じて、周りがどうであれ、気にすることなく、調和して行動をして行きたいと思います。
また、虎口で手を出す時に気持ちは手を引いていくということがとてもヒントになりました。今まで空手を経験してきたこともあり、宇城先生の検証をどうしても技として見てしまいがちでしたが、宇城先生に教えて頂く検証は見えない気を見える形に表現しているのだと思うようになりました。ついつい技として出来るかどうかに視点がいってしまいますが、調和できるかできないかに意識を持っていかなければなりません。

今回の合宿で自分なりのサンチンの課題が幾つか見つかりました。その課題を元にサンチンを行うと今回の合宿に参加するまでのサンチンとは比べものにならないくらい難しいものになっていました。つくづくサンチンの奥深さを感じました。毎日怠ることなくサンチンを続けて行きたいと思います。
そして、忘れてならないのは合宿ならではの懇親会です。初めての方とも楽しくお話でき、何度もお会いしている方とはより一層親しくなり、参加する回を重ねるごとに時間の濃さと何とも言えない一体感が包んでくれる優しさが増しているように思いました。とても楽しく、心地の良いひと時でした。
仕事柄、年度末の最終土日でとても忙しく、参加するか迷いましたが、参加して本当に良かったと思う合宿でした。
宇城先生、今後も引き続き、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。
(東京 会社員 男性 41歳 TT)



≪現在宇城道塾 後期申し込み受付中≫
 
≪体験型講習会 大阪/東京 開催します≫
 

 
スポンサーサイト
宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。