FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

私と同じように様々なものを見失った子供たちに、心の重要性を伝えたい ―― 塾生の感想より

 
東京道塾初級も3回目になりました。

回を追うごとに、塾生のみなさんが、身近なことから様々な気づきを得ていきます。
塾長のお話や実際の検証から、自らの力で気づいていく、解放されていく――。

以下の感想では、道塾で得た気づきをきっかけに
自分をとりまく様々な常識という思い込み、呪縛から、自らを解放していく様子が
つづられていて、たいへん勉強になりました。

今回の道塾での最初の実証は、私が検証させていただいたので、言葉では完全には理解できない、体で感じて学ぶ驚きと感動を覚えました。それは、野球のボールを力で扱うのと、「気」で扱うことがどれだけ違うかというものでした。

驚くことにボールは力を込めて握らなくても、気を使えば「しっかり」と持つことができ、しかも扱いも楽にできます。
更に、筋力が邪魔しないせいか、自由に、しかも強く投げることができます。
現在のスポーツのように腕力や握力を鍛えなくてもいいのです。

実は私は野球が好きで、子供の頃は草野球くらいはよくやりました。しかし、中学・高校の部活をやるとなると、体格、体力は平均以下で、上下関係やしごきなどが怖くて、結局スポーツは出来ませんでした。これがどんなコンプレックスになるか、普通の人には想像してもらうことは不可能だと思います。

しかし、私のような臆病とは正反対の道を極められた先生には、このことが分かっていただけているものと確信しました。
今回、講義中に先生は、「努力と犠牲を強いるような日本の部活動は異常だ。世界に例がない。スポーツでは心が育たないのだ」とおっしゃいました。

真の教育者、真の人生の師の言葉。私が子供の時に、このような指導、教育を受けていればと悔しい思いがしますが、過去は変わりません。

素晴らしいことに、先生が親子塾を立ち上げられたことを知りました。先生の道塾の力で多くの子供たちが救われる。未来が明るくなる。私の期待は多くの人々の幸せに通じるものと思います。

今まで劣等感の塊だった私ですが、少々の尊大な言い方をさせていただければ、私には、世の中に私と同じように間違った指導、教育を素直に信じてしまい、受験勉強やスポーツの成績が優劣を決めるなどと言われて様々なものを見失っている子供たちに「気」の存在、「心」の重要性、真の人間をつくるものを教えてあげられる素質(未だ覚悟ではなく)があるのではないかとさえ思えてきました。

そのためには、「一人革命」です。この実践は人それぞれでしょうが、私にとっては道塾での教えを素直に謙虚に自分のものとし、そこから繋がる自分の思いを人々に伝えるために行動することだと思います。

過去にとらわれず、未来を考えすぎない。そして、「現在」でもない「今」をしっかりと生きて行こうと思います。
今回も大きな大きな貴重なご指導をいただき、ありがとうございました。

(千葉 公務員 男性 47歳 TS)



20150825.jpg
 写真は、真剣に塾長の話に耳を傾ける塾生 東京初級



このほかの感想は、こちらでお読みいただけます。
[ 宇城道塾 塾生の受講感想文 ]

 
宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。