FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

[動画あり] 気を入れられたとたん、前に進むことができた

 
道塾では、塾長に気を通してもらうことで
本来の生まれながらにある力にスイッチが入り、
一瞬にしてできなかったことができるようになります。

そのような体験を重ねることにより、
自分のもつ能力を自分自身で確認し
認めることができるようになります。

そして同時に、
そうした力が発揮できる方向に自らが変わっていくことの
大切さを学んでいきます。
 
以下に紹介する感想はまさにその体験を重ねている
塾生の感想文です。

また、動画(▼)は、塾長の気によって不可を可とする体験している時のものです。







 まずいつも勉強になりますのが宇城先生の社会を捉える視点の広さと深さです。

 原発や安保についても賛成か反対か?AかBか?ではなく、あらゆる角度から情報を収集し、包括的に物事を捉え説明して下さいます。
 改めて自分の見識の狭さ、不勉強を反省するとともに、学びの意欲を猛烈にかき立てていただきました。わずか2%しか解明されていない目に見える世界のみを信じ、98%の目に見えない世界を感じようともせず怪しいとしか捉えられない現代人。残念ながら私の周りもそういう人たちばかりです。

 四つん這いの状態で合計9名の人たちに両手両足を掴まれ、さらに上にも人を乗せた状態で前へ進むなどということは普段2%の世界に生きる我々には絶対に考えられないことです。実際、私も体がこわばってしまい全く進める気がしませんでした。

 しかし、先生に気を入れていただいくとこわばっていた体がすーっと開放され、全く見えなかった進むべき道が示されたような気がし、導かれるように前に進むことができました。
 1対9だったのが10対0になったような気がしました。


 身動きが取れないほどの困難に対してどう向き合うのか? 気合を入れたり一生懸命努力したりするのではなく、遺伝子にスイッチが入れば自ずと解決してしまう。そのことを体験させていただいたことは一生の財産となりました。

 ハウツーを求めるのではなく深さを追求する。芋虫から蝶になること。
 スイッチの入っていない我々現代人は大きな芋虫になろうとしているのだと思います。宇城先生は遺伝子のスイッチをオンにして下さる唯一の存在です。まさに98%の神秘の世界です。ただただ感謝あるのみです。

 宇城先生にお会いすると、「ありがたい」や「自分にできることはないか」という思いが自然に湧いてきます。車を運転したりエスカレーターに乗る時なども自信をもって「お先にどうぞ」と譲っている自分がいます。おそらく統一体になり、人間本来の姿が目覚めているからだと思います。これに甘んじることなく更なる一人革命に邁進し、西郷隆盛の言う「天を相手にして人を相手にせぬ」生き方をしていきたいと思います。今回も大いなる学びと勇気をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。

(仙台道塾  岩手 男性 44歳 ON)





体験する機会がいろいろあります
  [宇城道塾公式サイト 体験道塾 ]
  [宇城憲治 体験型講習会 2015年11月29日]


 
スポンサーサイト
宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。