FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

宇城道塾の学び 「気づく、気づかせる」

道塾が目指す、「自分自身の変化・成長」。

何かが変わることで、成長できる・・・と感じてはいても、何を変えたらいいのか、自分を止めているのは何か、自分ではなかなか分らないものです。

武術をきわめ、常に進歩し先を走る塾長には、その人の言動、所作で全てが分かるといいます。


講義中、きっかけがあれば塾長は、その人の「止まっている原因」を指摘します。


先日、熊本道塾の講義中、通常の状態と、身体に気の通った統一体の状態の違いを、腿の裏側を蹴られることで体験する検証がありました。

誰もが変化を体験するなか、表情もなく、変化も感じられない塾生がいました。
塾長は、その塾生を指名し、四つん這いで20人を引かせる検証を行なわせました。
塾生はもがくのが精いっぱいです。

しかし、正面に塾長が立ち、気を通すと、みるみる前進していきます。


20161028-01.jpg
両腕と背中から20人に押さえられる。 もがくのが精いっぱいだが・・・・

20161028-02.jpg
塾長が気を通すと・・・・

20161028-03.jpg

20161028-04.jpg
みるみる前進していく




この一連の出来事を見ていた塾生は、その塾生が、

「10人以上の人を引きずって前に進む検証が終わった時には別人のように柔らかい表情になっていた」

と驚いていました。

この検証を体験した塾生は、

「自分の「やせ我慢」がどこから来てるのだろう、ということを考えた時に、人生のうちで度々この「やせ我慢」が運良く通ってしまったために、癖として定着してしまったのだろうと言うことを考えています。そしてたまたま今日まで運良く生きてこれたに過ぎず、厳しい環境では全く通用しないのを、どうしても見ようとしなかった」

と述べ、「これまで見ようとしなかった部分を見つめるきっかけになった」と言っています。



本人も気づかない課題を見抜き、気づかせ、変化へと導く。
道塾は全体の講義でもあり、時に塾長との1対1の講義ともなるのです。



2017年の受講申し込みを受け付けています。

【 宇城道塾入塾案内 】
 お申込み → 2017年度 宇城道塾申し込み にはいっていただき、「お申し込み」のタブをクリックしてください。

スポンサーサイト
宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。