FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

映画監督・鎌仲ひとみ氏と宇城憲治塾長が対談

2011年11月17日、宇城塾長は、原子力産業の実体や内部被曝の怖さをうったえる『ヒバクシャ』『六ヶ所村ラプソディー』などの映画や、最近では原発に揺れる町~上関原発計画・住民と、スウェーデンでの脱原発の取り組みをとりあげた『ミツバチの羽音と地球の回転』の映画監督・鎌仲ひとみ氏と対談されました。

映画『ヒバクシャ』には、『道』170号で塾長が対談した被爆医師・肥田舜太郎先生も出演されており、また鎌仲氏は肥田医師とも共著『内部被曝の脅威』で内部被曝の実態を世に問うておられます。

対談では、テレビやマスコミなどで報道されない多くの現場を見続けてきた鎌仲氏と、常に事実からいかに真実を見据えて行動につなげるかを実践されている宇城塾長が、原発問題にとどまらず、日本の教育問題を含むさまざまなテーマについてお話しくださいました。
この対談は、次号の『道』171号(2012年1月20日発行)に掲載いたします。お楽しみに。

対談 鎌仲氏


季刊『道』の定期購読は [こちら]
宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。