FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

塾生を深さに向かわせる教材DVD 『永遠なる宇城空手』

 
道塾では、道塾が始まる前の時間に、宇城塾長の幅広い活動を伝えるためにDVD放映をしています。そのために制作されているのが、道塾教材DVDです。

11月~12月の道塾で放映しているのは、最新教材DVD『永遠なる宇城空手』です。


ukd18.jpg




この映像は、10年前に宇城塾長がアメリカ・コロラド州で4年間にわたって行なわれた合気道のイベントで、空手師範として唯一招待され、合気道指導者250名を指導された時の様子をまとめたもので、指導の様子はもちろんのこと、その時の出会いやエピソードを織り交ぜて紹介しています。

とくに合気道開祖の弟子の五月女貢先生との交流や、大統領のボディーガードであるSPとの交流は、今とまったく変わらない塾長の生き様を見事に捉えており、塾生にとって、たいへん刺激となるDVDとなりました。

以下、塾生からいただいた感想をいくつか紹介します。


改めて宇城先生の「人間のデカさ!」を感じました。

横柄な態度をとっていた若者に対する指導の様子、最後は宇城先生の間に入っていけなくなり、若者の表情もいつしか先生と心が通ったの如く笑顔となり、握手する際は心から溢れ出る笑顔となっていることに感動いたしました!
横柄な態度をとる若者に対しても大きな愛で包み込む先生の人間の大きさを感じたとともに自分の小ささに気づかされました。本当の「愛・優しさ」はこれだと思います! 日常では、人と接するときには「謙虚」な姿勢で臨んでいきたいと思います。

ほかの映像でも、攻撃した人が倒される多くの場面では、ナレーションでも言っていたように「闘争心が消え笑顔に」なっています。

道塾で学ばせていただき、実技で倒されるときは、あたたかい気持ちになることが思い起こされます。
(大分 公務員 46歳 男性)


私達、日本人が宇城憲治という現代でただ一人の侍の、その姿を見て気付かなくてはいけません。DVDにある、アメリカという大国で同じ師から学ぶ人達の感動する姿、そこから学ばなければなりません。

世界は今、混迷へと突き進んでいます。そんな中、日本というこの国は増々、人間のレベルが下がり、連日、そのレベルの低下から起こる、信じられないような事件の数々、そして犠牲となっていくもの。

まさにこの国の人としての、心の原点が失われているからだと感じます。そしてその原点とは?

それがこのDVDの映像には秘められていると思います。
それは宇城憲治先生の技であり、心であり、姿、生き様です。

それが指し示すもの、それがはっきりと分かるようなレベルに自分はいません。しかし、そこには無限の可能性が秘められていて、その可能性のパーセンテージを上げるのは自分自身だという事。
それが、このDVDを見ていて感じた事でした。
(福島 30代 男性)


込み上げるように、胸が熱く一杯になりました。私はこんなにも素晴らしい教えに出逢えたのだと、感謝の気持ちで一杯です。

宇城先生にご指導を頂く時に、人間の持つ限りない可能性に希望を感じました。季刊誌『道』では、誰かのために生きる人々の存在に感動し、自分の生き方を考える機会を頂いています。遠く雲の上の存在である宇城先生ですが、今回のDVDを見ているときは、まるで、すぐそこに宇城先生が居るような錯覚にとらわれました。合宿に参加している人々の感動が伝わり涙が出たり、一緒に笑ったり、初めてこんなにも宇城先生を感じる事ができました。

辛いことや悲しいことも沢山有りますが、毎日幸せであると感じることができます。世界中の人々がそう感じられたら、我欲のない世の中になるような気がします。世界中の人々が、宇城先生の教えを受け止める心が持てると良いのにと思います。そうしたら、皆幸せになれると思います。
有難うございます。私の幸せは子供達に繋がっていると思います。
(大分 女性)


10年もの時を遡った映像、エピソードであるにも係わらず、常に宇城先生がご指導されている武道、人間道の本質が確固としてそこに存在しておりました。
まさに宇城先生は「一以貫之」の人物であると思いました。

私は未熟で、常に怒りが先に出て、自分以外のものと、そして自分自身とも衝突してばかりです。
自分自身を謙虚に認める、現実を他人を受け入れるだけの「忍耐」を持つこと、それだけの「志」を持つこと、その全ての根源は「愛」だと思いました。

その愛を教えていただける宇城先生は、まさに人生の師であると思いました。
この世の中に対する怒りを、宇城先生のように愛に昇華できるよう日々修行してまいります。
(福島 公務員 47歳 男性)


単純に只凄いなと、 言葉が出ないのが正直な気持ちです。

あまり良いたとえではありませんが、テレビの料理、グルメ番組のレポーターが食べた瞬間に「旨い・美味しい」と反応しますが、以前からそれは違うと思っていました。人間は本物・自分が認めた事に出合った時は言葉も出なく寡黙になるのが本来の姿ではと思いました。自分の反応がそうでしたので。

世界中の各分野の最高を極めた方々が認め、心酔するのも、宇城先生の人間力によるものだと感じました。
17分くらいからの宇城先生と五月女師範の会話は、このDVDが発信、伝えたい事の全てとも感じました。

「自分を変える、変わっていく」
「垣根もこだわりもない自由人」

上記の言葉、心に響きました。
(大分 男性)






[  道塾教材DVD 『永遠なる宇城空手』  ]




[ 2016年 宇城道塾 受講申込受付中 ]
東京・大阪・仙台・岡山・熊本で開催



 
宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。