FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

東京・大阪 道塾初級後期が始まりました

 
宇城道塾初級後期第1回が、大阪では7月5日に、東京では7月19日に開講されました。
 
宇城道塾は、様々な身体検証を繰り返すなかで、気の通った身体である統一体がもたらす桁違いな力を体験し、それを心身に染み込ませて元気、変化の源をつくっていく実践体験型セミナーです。

まずは塾長の「やってみせる」実践をまねてみる → できない
しかし、気を通してもらうと(統一体になると) → できる

それを繰り返すことで、自分のなかにある、もともともっている「できる」能力を引き出していきます。

そしてその能力にスイッチが入ると、
それまでの小さく押し込まれていたものの見方、考え方に変化が生じます。

それこそが、自分の力を信じるという希望です。


  自ら気づき、変化成長をめざす


道塾の目的はここにあります。


さっそくいただいた塾生の感想文です。
 

2016年 大阪初級(後期) 第1回 (2016.7.5)
日常のあらゆる当たり前が自身の本来持っている力にブレーキ
奈良 製造業 27歳 男性 MY

まず最初に見せていただいたDVDでは宇城先生が様々なスポーツ選手や音楽家に指導されていました。中でも印象的だったのがバイオリニストの方への指導で、指導前と指導後では音楽に全くの素人の私でも音の違いが分かるくらいでした。

宇城先生の指導は今まで常識とされていたこととは異なり、まずすぐに効果が出ました。スポーツや芸術に限らず日常のあらゆる当たり前と思っていることが、自分自身の本来持っている力にブレーキをかけているのだと思いました。

DVDでは宇城先生とスティーブ・ジョブズの語録が紹介されていましたが、お二人の言葉はちがえども言葉の本質が同じでそれを全て体現されているということに驚かされました。

実演では1人が宇城先生の横腹辺りを人差し指で触れ、その後ろに5人程ガッチリ掴んで連なるというものでした。人差し指でしか触れていないのに宇城先生が動くと連なっている全員が操られるかのように引っ張られ、歩いても、走っても、前横関係無く自由自在でした。

私は三番目に連なっていたのですが、踏ん張ることはできず凄い勢いで引っ張られている感覚でした。会社や学校などそれぞれの場面でのトップに「人が勝手についてくる」とはこのようなことだと感じました。
今回も貴重な体験をさせていただきありがとうございます。




 
変化成長へ導く 道塾プログラム
 
dojuku-rinen.png



20160721.jpg
四つん這いになり、数名に抑え込まれても気を通されると前に進むことができる
(大阪初級後期 第一回 より)


 
   道塾では二回目からの受講も受け付けています。
   [ 宇城道塾 案内・お申し込み ]



 
宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。