FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇城道塾 道塾事務局ブログ

2017年 宇城道塾がスタートしました

新年あけましておめでとうございます。
1月10日(火)、大阪道塾(奇数月・Aクラス)で、本年最初の道塾が開催されました。

一年最初の道塾は、これから迎える厳しい時代にむけて、宇城塾長が、どれだけ日々の勉強を怠らず、前に進まれているかにあらためて驚かされる内容でした。

事務局も、塾生の皆さまとともに一人革命を推進いたしてまいります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


20170112-01.jpg



20170112-02.jpg



 塾生の方々からさっそく感想をいただきましたので、いくつかご紹介いたします。


 昨日は、いつもながら貴重なご指導を賜り誠にありがとうございます。一瞬一瞬を勝負されているお姿はいつも感じていますが、その中でも特に今年にかける先生の気迫を感じる回でもありました。

 まず、前のプロジェクターに映し出される資料の数々。「1週間に5冊は読まなければ、先は読めない。」先生の学ぶスピードとその姿勢。これが「師」の姿勢なんだと・・・。『師と出会い、自分に出会う。』常に先を走って下さるからこそ、今の自分を知ることができ、課題がみえてくるから未来に向かうエネルギーがわいてくる。本当に感謝の言葉しかうかんできません。

 エントロピー増大の法則についてのお話しをしていただいた中で、秩序が無秩序にむかっていくことについての説明がすごく自分の中で納得させていただきました。この話は先生の著書である『ゼロと無限』にも記載されており、コーヒーの温度を保つにはエネルギーがいる。それと同様のことなのか。とハッとさせられました。このことを実際に身体を通してご指導いただきました。

 私の後ろに5人ほど腰をしっかりつかみ、動くはずもないのにいとも簡単に動かし、完全に調和した私の身体は先生についていくのですが、手が先生から離れた後も右に左に動いている状況はおさまらず、私たちは全くコントロールが効かない状態になっていました。本来これをコントロールできるのが真のリーダーであり、日本には先生のような存在が全くいないことが以前からわかっていたことですが、浮彫になってきました。また、「組織」においてもカネや圧力に屈してしまう日本の弱さが出ている今だからこそ「個」=『一人革命』が必要だとより確信しました。

これからは2か月に1回のペースになり、より「自分」が求められ、先生に甘えていた「自分」と決別しなくてはいけませんし、決別します。今後ともご指導よろしくお願いします。
(TN 34歳 中学校教諭)


 冒頭、宇城先生は、膨大な資料の中から、「ひとり革命」と共通する部分を引用され、お話しされました。50年前もの文献にも、宇城先生と同じように状況を危機として捉えていたと聞いて、とても驚きました。

 また宇城先生は、秩序は無秩序に進んでいく「エントロピーの法則」について話をされました。コップをバラバラにガラス片にしたとして、コップは自然に元の形には戻らないし、さらに元の形ですらわからなくなる。さらに熱いコーヒーは、いずれ室温に戻っても、熱々のコーヒーに戻ることはない。そんな自然の摂理のことを知っているのにもかかわらず、行動できていない自分がいることを認識しました。

 2人組で、1+1の答えを間違った場合と正しい場合で、背中に乗っていただいた時には明らかに正しい場合で強く体に芯があるように思えました。コシのあるスポンジのような感覚は、何度経験しても日増しにコシが強くなるようにも思えます。また腕立てや腹筋についても同じで鍛えようとすればするほどに、弱くなる自分と出会いました。

 後半、呼吸の方法を教えていただきました。前へ、みんなに、天に、大地へ。という言葉がより呼吸をしやすく、全身に力がみなぎるように感じました。日々実践したいと思います。

 「他尊自信」 とても大事にしたい言葉です。自分を信じて、ぶれない。ぶれないことで、またさらに自分を信じることができる。そのように解釈しました。そして、その上に、他人を思いやる、他人を尊ぶことができるように思います。次回の道塾まで、呼吸、他尊自信を実践したいと思います。ありがとうございました。
(JM 36歳 高校教諭)



2017年 宇城道塾 のお申込みはこちらまで
【 宇城道塾入塾案内 】
 お申込み → 2017年度 宇城道塾申し込み にはいっていただき、
「お申し込み」のタブをクリックしてください。


宇城道塾 道塾事務局ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。