FC2ブログ

「季刊『道』 編集部より 」カテゴリ記事一覧


心に重く残る「ぶらぶら病」の怖さ 季刊『道』170号の感想より

dou170_lrg.jpg現在発売中の季刊『道』の170号では、被爆医師・肥田舜太郎先生と宇城塾長との対談を掲載していますが、他誌にはすべてを乗せることの出来なかった内容に、塾生や読者の方々より多くの感想が寄せられています。

次号171号にも原発の危険性、内部被曝の怖さを伝える映画監督・鎌仲ひとみ氏との対談など、今私たちがもっと知らなければならないことをお伝えしています。

季刊『道』の170号では、医師の肥田先生と宇城先生の対談が掲載されていました。
私はこれまで学校教育で広島の原爆について学んだ程度で、内部被爆の恐ろしさなど、ほとんど放射能の恐ろしさについて知らなかったことを思い知らされました。一人の日本人としてとても恥ずかしく思いました。
なかでも、「ぶらぶら病」についての記述は心に重いものが残りました。戦後、「かったるい、かったるい」と言って、動けなくなって、その後20年間、仕事もできず、結婚もできず何もできずに、いくら入院して調べても何の病気だかわからずに死んでいく人がいた。しかし、アメリカと日本政府はその事実を見て見ぬふりをしていた。そして、その後も原発が日本に多く立てられ、今回の福島の事故が起きました。対談の中にもあったように、福島や関東の人々もこの「ぶらぶら病」の症状が出てくる可能性がある。それらは本当に許せないことで、私も怒りを覚えました。そして、そのようなとても人の手には負えない原子力を用いた原発が、未だに世界各地で建てられ、稼働しているという現実があります。そのような現実を知って、日本をはじめ、世界は危機的な状況にあるのではないかと感じました。

しかし、肥田先生や宇城先生がそうされてきたように、大きな時代の流れに負けず戦ってこられた方々がおられます。そして、そのことによって希望を見出し、生きておられる方も大勢おられるのだと思います。福島の現実は、私にとってショックの大きいものではありましたが、知った上でどのような行動をしていくのかが問われているのだと思います。私も肥田先生や宇城先生に習い、時代に負けない強い心と身体を作るべく、日常から行動を変えていきたいと思います。


   この他の感想はこちら ⇒ [読者の声]季刊『道170号』

 季刊『道』171号 2012年1月20日発売 >>>>[注文ページ]

 2012年1月29日(日)発売記念講演【大阪】開催!
 宇城空手 型シリーズ 『サンチン 上巻』 >>>>[注文ページ]

 宇城道塾 潜在能力を引き出す気の実践指導
 東京・大阪・熊本・仙台・岡山 2012年度申込受付中 >>>>[詳細・お申し込み]
宇城道塾 道塾事務局ブログ

季刊『道』171号 2012年1月20日発売です

dou171_lrg.jpg季刊『道』171号が、2012年1月20日に発売です。

特集テーマは 「先へ行く力」

困難、苦難、矛盾、葛藤・・・
何があっても、その上を行くエネルギーがあれば乗り越えていける。
そういう姿勢を教えてくれる一冊です。

宇城塾長の巻頭対談は、前号170号で登場いただいた被爆医師・肥田舜太郎氏とともに『内部被曝の脅威』を著し、「ヒバクシャ ―― 世界の終わりに」をはじめとする被曝の実態を伝え続けている映画監督・鎌仲ひとみ氏です。
原発問題については、日本人一人ひとりが「当事者」となって受け止めることが必要であると語られています。

グラビアは、歌手・坂本スミ子さんのパワーあふれるコンサートの模様を紹介。
原発により仮設住宅での避難生活を強いられている福島・浪江町の方々のために行なわれた、
あすなろ支援の会主催による「心の復興支援」の報告です。

また、前号に引き続き福島レポートでは、仮設住宅自治会長の小澤是寛さん、
9/19に明治公園で6万人を前に福島の叫びを代弁した武藤類子さんが
福島の今、福島の怒りを語っています。

このほか、

 日本の武道や伝統文化をこよなく愛する前駐日イスラエル大使 エリ・コーヘン氏のインタビュー

 「母親が人生最高の師」という思いから、礼を基本とした本来の日本人を育てるために
 女子剣道を盛り立て、後進の指導にあたる剣道範士八段 田原弘徳氏のインタビュー

 世界の聖地を巡る写真家 稲田美織氏の新連載「神宮式年遷宮 日本の心を継ぐ」

など、盛りだくさんです。

   季刊『道』171号 ⇒ [購入ページ] ≪予約注文受付中≫

 宇城憲治塾長 新DVD 発売記念講演【大阪】開催!
 2012年1月29日(日)

宇城空手 型シリーズ 『サンチン 上巻』 >>>>>[注文ページ]

 宇城道塾 潜在能力を引き出す気の実践指導
宇城道塾 東京・大阪・熊本・仙台・岡山 2012年度申込受付中>>>>>[宇城道塾 詳細・お申し込み]
宇城道塾 道塾事務局ブログ

映画監督・鎌仲ひとみ氏と宇城憲治塾長が対談

2011年11月17日、宇城塾長は、原子力産業の実体や内部被曝の怖さをうったえる『ヒバクシャ』『六ヶ所村ラプソディー』などの映画や、最近では原発に揺れる町~上関原発計画・住民と、スウェーデンでの脱原発の取り組みをとりあげた『ミツバチの羽音と地球の回転』の映画監督・鎌仲ひとみ氏と対談されました。

映画『ヒバクシャ』には、『道』170号で塾長が対談した被爆医師・肥田舜太郎先生も出演されており、また鎌仲氏は肥田医師とも共著『内部被曝の脅威』で内部被曝の実態を世に問うておられます。

対談では、テレビやマスコミなどで報道されない多くの現場を見続けてきた鎌仲氏と、常に事実からいかに真実を見据えて行動につなげるかを実践されている宇城塾長が、原発問題にとどまらず、日本の教育問題を含むさまざまなテーマについてお話しくださいました。
この対談は、次号の『道』171号(2012年1月20日発行)に掲載いたします。お楽しみに。

対談 鎌仲氏


季刊『道』の定期購読は [こちら]
宇城道塾 道塾事務局ブログ

道塾生『道』の読み方「宇城先生の言葉で『道』の記事がビビッドに蘇ってくるのです」

dou170_lrg.jpg宇城道塾では、季刊『道』を必読書として位置づけています。
それは、「読んでいること」が宇城塾長の講義の前提にあるからです。
2時間という限られた時間のなかで、塾長のメッセージをどれだけ掴み取り、自分の学びにできるかは、学ぶ私たちの姿勢にかかっているのです。

東京道塾 上級クラスの塾生の感想を紹介します。
10月発行の『道』170号、塾長と肥田舜太郎医師の対談を一読したうえで臨んだ道塾の感想を書いてくださいました。

-----

その日の朝に届いた『道』
それ以前にどう出版から届いたメールで、170号にかける思いが伝わってきました。
肥田先生との対談はどんな内容なのか気合いを入れて読ませて頂きました。

凄い、そして深い。

内容が重厚・深遠であり一読しただけでは消化しきれていないのが分りましたが、とにかく肥田舜太郎先生との対談だけは目を通し道塾に臨みました。

20110926.jpg「この対談を載せきれるかな?」
「100%です!」と先生がお答えになった通り、とても一読では頭に入りきれない濃さ!
これまで、日本にこういった活動をしてこられた医師がいらっしゃったことを全く知りませんでした。まさに患者と向き合う、ともに生きるという言葉の体現者だと感じました。

私にとっては、この一連の『道』 → 「道塾」の連鎖がモノ凄くためになりました。

『道』を読んで頭に残った「点」が宇城先生の話を通して線につながっていく・・・

まさに最高のタイミングで『道』が届き、講義によって補強され、立体化されていった感じです。ぼんやりと抱いていた幻想が図面となり、立体化されたモックアップになり、そしてそれが血肉化されていく、実際に動いていく・・・

医者の前では患者は本音を言わない、、どうしたら患者の友となれるのか?
あった、肥田先生の言葉にそれがあった!

自然にある放射線には人間は堪える。そういうふうに進化・発展してきたのだ。
でも、原発から出ている放射線は人工物だ地球の歴史になかった「異物」なのだ。
それを体内に取り入れたらどうなるか?

あった、この話も確かにあった。

宇城先生の言葉で『道』の記事がビビッドに蘇ってくるのです。

宇城先生のなかにあたらしいエネルギーが発動したように感じられます。

また、少し一段高い教えを頂いた・・・ そんな感動を覚えました。
点と点は、線となり、面となり、その広がりはまさに無限。全部がつながっていく。

被災地に必要なのはスポーツじゃない、歌なんだ。
そして坂本スミ子さんが応えてくれた。

これから大事なのは、福島の子ども達。
アウシュビッツのなかでも子供たちは笑っていた。追い込まれた子どもは自分で自分を守るために笑いに地獄のなかでも笑う・・・ 20年後の福島の子どもたちのためにいろんな人々がつながっていくのだ。

全部がつながっていくんだ・・・

メモを取ったらいかんよ、と先生から諭されたのはこのあたりだったと思うのですが、これも本当にありがたい教えでした。
師というのは、出し惜しみなく気付かせてくれる存在であることが分ります。

もう本当にいつもそうですが、宇城先生の妥協なき、「出し惜しみない」ご指導が身に染みました。

道塾だから、実践塾のようにメリケンサックをしないのか? ちゃんとさせて頂きました。
道塾だから、刃物を持った真剣な組手をしないのか?
ちゃんとやらせて頂きました・・・

それどころか「ちゃんと切らんと、ダメだ」
本気で、殺す気で行け!じゃないと勉強にならん
と先生から迫られたときの気迫はほんとに背筋がブルブルくるほどにリアルでした。
「あ、自分はいま本当に久しぶりに恐怖で震えている」
というのをハタで見ている自分がいて、まるで世に言う幽体離脱のような感じでした。
先生が良く言われる「負けを死を意味する」という稽古の入口をのぞかせて頂いた気分でした。まだまだ 素手vs素手の低いレベルに居ついている自分ですが、もっていたナイフを先生の心で止めて頂いた感触が忘れられません。

心で動くとき・・・ 細胞が動くとき・・・

点と点がつながって全体となっていく。

社会のなかで、道塾での教えを学んだ私達ひとりひとりが点となり、つながっていく・・・
日本中にひとり革命に目覚めた塾生がつながっていく・・・
気づいていく。

その日に一歩でも近づいていくために「希望を持って耐え忍ぶ」

それこそが、今の自分に与えられた課題だと思います。
いつも、誠心誠意のご指導本当にありがとうございます。
(東京 46歳 ナレーター K.K)


              その他の季刊『道』170号の感想 ⇒ 読者の声(『道』170号)

 宇城憲治塾長 新DVD 発売記念講演【東京・大阪】開催!
宇城空手 型シリーズ 『サンチン 上巻』 >>>>>[注文ページ]

 宇城道塾 潜在能力を引き出す気の実践指導
宇城道塾 東京・大阪・熊本・仙台・岡山 2012年度申込受付中>>>>>[宇城道塾 詳細・お申し込み]
宇城道塾 道塾事務局ブログ

ペルー天野博物館事務局長・阪根博氏 講演会があります

季刊『道』169号、山元加津子さんのインタビューの中で
ペルーの不思議な遺跡について、その謎を特別支援学級の子供たちが
解き明かす・・・ というお話がありました。
そこで登場されたペルー天野博物館理事長の阪根博氏の講演会があります。

会場となる二階堂学舎は山元さんの講演会も行なわれたところで、
自然の中にあるとても素敵な会場です。
ぜひ足を運んでみてください。


20111101.jpg阪根博氏 講演会 「アンデスの不思議」

日時:2011年11月7日(月)
    14:00~16:00 (開場13:30 開演14:00)

会場:鎌倉女子大学 二階堂学舎「松本尚記念ホール」

参加費:事前申込 2,000円
     当日申込 2,500円

問合せ:090-1775-0128(ニシナ)

申込先:044-877-0832
     angelpromo2011@gmail.com
     ・件名に「11月7日申込み」とご記入ください
     ・申込者氏名
     ・連絡先(TEL、Eメール、FAXのいずれか)
     ・チケット枚数(各参加者のお名前もご明記ください)


 宇城憲治塾長 新DVD 発売中!
宇城空手 型シリーズ 『サンチン 上巻』 >>>>>[注文ページ]

 宇城道塾 潜在能力を引き出す気の実践指導
宇城道塾 東京・大阪・熊本・仙台・岡山 2012年度申込受付中>>>>>[宇城道塾 詳細・お申し込み]
宇城道塾 道塾事務局ブログ